So-net無料ブログ作成

それだけ本気になれるものが [雑記]

ちょっと前まで平成ノブシコブシ吉村の追っかけだった会社の後輩女性(その前は元 KAT−TUN の赤西)が、今はすっかり「ばいきんまん」(「ばいきんまん」はひらがなと彼女に教わった)にハマっているというのは以前に書いたが、これがまた本当に本気でハマっていて、日本に数カ所あるアンパンマンミュージアムの「ハロウィンイベントが今日で終わる」と悲しんでいたのだった。マジか。なんでもアンパンマンショー(に出てるばいきんまん)を撮るためにビデオまで買おうとしていて、本気過ぎて笑う。まあでも、それだけ本気になれるものがあるというのは、ある意味うらやましくもある、と、このことを書く時いつも、フォローするかのように書いている気がするが、そもそも本人に読まれるとか、それはそれですっごい困る、というか、怖いんですけど。


nice!(0)  コメント(0) 

品揃えに漂う非日常感 [雑記]

相方さんと2人で、人生初のコストコへ。開店30分後ぐらいに着いたのだが既に駐車場が満杯で、駐車するのも一苦労である。既に買い物を終えて引き上げるお客さんを捕まえて、入れ替わるように車を駐める。

会員になるのに年会費を払い、執拗にアメリカンエクスプレスのカードを作らそうと粘る社員たちを交わしてようやく店内へ入り、色々見てまわるが、とりあえず食品が安い印象。あとひたすら全部サイズがでかかったり量が多かったり。ゴミ袋みたいなのに山盛り入ったレーズンパンや巨大クッキー缶、洗剤、ジャム、調味料など、割安っぽいものを調達する。巨大なチーズケーキも安かったので買ってみた。今度は普通のスポンジケーキを買おうと相方さん。食べられるのかな、あれ。なんか、テレビでよく見る「手作りウェディングケーキ」ぐらいの大きさがあった気がするんだけど。あとお肉も安かったけど、これもやっぱり1ブロックがいちいちデカくて笑う。

会員になる前にネットで色々調べてたら「会費払うけど、まあたまにアトラクションに乗るような気持ちで買い物に行けば楽しめる」とか書いてる人がいて「なんじゃそりゃ」と思ったのだったが、実際行ってみると確かにその感想は納得である。なんというか、品揃えに漂う非日常感が、なんだかとても面白いのだった。とりあえず、会員になってしまったからには、もうちょっと人が少ない時にまた来よう。でもまあ、年明けかなー。年末年始とかは、これまた異常に人多そうだしなー。


nice!(0)  コメント(0) 

本人は嬉々として [雑記]

20161029.jpg

ジナンがずっとモンスターズインクの毛むくじゃらのスリッパを履いていて、夏場も変わらずずっと履いていて見てて暑苦しいったらなかったのだが、余りにずっと履いてた結果ボロボロになったので、とうとう買い換えた。今度は黄色い、何かしらの怪獣の足っぽいヤツ。やっぱり毛むくじゃらなのだが、本人は嬉々として履いていて笑う。かわいい。

最近はこないだ書いたように「勇者ヨシヒコ」にハマッたは良いが、それをペネロペやミッフィーのぬいぐるみを使って再現して遊んでいるし、小6男子って、こんなかわいらしい生き物だっただろうか。


nice!(0)  コメント(0) 

今年も [雑記]

20161028.jpg

今年も「とれたてホップ」の季節がやってきた。といっても、売ってるのに気付いてから3年目だけど。記念に3年分まとめて写真を。これ、本当にすっきりしてて美味しいのだけど、これを年中ずっと販売するのは難しいものなのだろうか。とれたて(何がだろう)の味なのだろうか。売ってたら買うと思うんだけどなー。少なくとも私は。でもまあ、私1人が買ったところで何の足しにもならないからなー。でも毎年売ってるってことは、毎年そこそこ売れてるってことなんだろう。また来年もよろしくお願いします。いや、その前に今年ももう少し楽しませてもらいます。


nice!(0)  コメント(0) 

凄い人は本当に凄い [雑記]

少し前に知った「零狐春」という謎解き製作チームの謎解き「17Tiles」。ネットで少しだけヒントを見つけて、それを頼りにようやく解けた。気持ち良かったー。でもこれをノーヒントで15分で解いたとか、凄い人は本当に凄いというか、怖いわ。

ちなみに、これとかこれも、なんとか解きました。お時間ある方は是非。


nice!(0)  コメント(0) 

これといって思い入れのない [雑記]

しかしまあ、暑いのか寒いのかよくわからない季節である。会社でも、半袖のシャツ1枚の人とスーツのカーディガンとジャケットを着てる人と、その振り幅が広くて、季節感がなくて面白い。しかも未だに「クールビズ」だし。クールビズ期間、長すぎないかなーしかし。

気が付いたら、折りたたみ傘が壊れていた。1本、骨が折れている。何年使ったかよくわからないが、前に300円の折りたたみ傘を買ったら骨の部分が完全に鋭利な刃物だったことがあって、確か、その後に買ったかもらったかしたものだと思う。そういう、これといって思い入れのない傘の方が長持ちする。

ちなみに、傘をつぶした最短記録は、昔まだ実家にいる頃、ちょっと大きめの傘を買って初めて持って行こうという日に、傘を持って自転車に乗って駅まで向かう、その最初の自転車のこぎ出しでタイヤに挟んでボキって折ったのが最短記録(つまり、使う前に折った)。あれはショックだったけど、今思い出すと、かなり笑えるなーこのエピソードは。


nice!(0)  コメント(0) 

年々流暢になってきていて [雑記]

会社の取引先の関係から、年に1回希望者のみ会社でインフルエンザの予防接種を安価で受けられるので、今年も刺していただいた。なんだかんだでもう5〜6年は毎年打ってもらっていて、注射打ってもインフルエンザにかかる人が毎年何人かいる(私もかかったことある)ため「効果あんのか、おい」という声も聞こえてくるのであるが、でもまあ私の時も注射打ってたからか症状はかなり軽くで済んだ(でも1回だけ新型インフルエンザにかかって、死にそうになった)ので、打たないよりはマシだろうと思う。

毎年同じお医者さんに来てもらっていて、毎年たぶん100人ぐらいの人が何日かに分けて一気に打ってもらうので、先生の患者のあしらい方やコメント、注射の仕方も年々流暢になってきていて、今年は、なんか、ロバートがキングオブコントの決勝でやった「1800万公演の忍者のおじさん」みたいな立ち居振る舞いになってて、おかしくて仕方がなかったのだったが、これは本当に、ちゃんと注射は刺さったんだろうか。ちょっと不安である。


nice!(0)  コメント(0) 

すさみ気味の [雑記]

会社で、久々に、ヘトヘトに疲れるミーティング。なんか色々と「それ聞いてた話と違うじゃねーか」ということが巻き起こって、笑うしかない状況になった。またコツコツやるかーという心境。まあでも、仕事ってそういうもんだよなあ。

ここしばらくずっと読んでる本、まあ好きな作家さんだしタイトルに気になる単語もあったので全然予備知識なく軽い気持ちで読み始めたら、ある実在の事件にまつわる人たちを描いた群像劇(もちろんフィクション)で、とても読み応えがあって面白いものの、その影響からか、私の心もややすさみ気味の、いわゆるスサミストリートである(「いわゆる」て)。なんだか、鈍い痛みが身体にボディブローのように効いてくる小説。色々考えてしまう。


nice!(0)  コメント(0) 

ボールだけに [雑記]

昨日の「鞍馬の火祭」とは打って変わって(行ってないけど)、今日は実家の地元のお祭りのお手伝いで、炭火をおこして焼きそばを焼いたり焼き肉焼いたりして過ごす。イベントの1つに「グランドゴルフ大会」というのもあって半ば強制的に参加したが、ゲートボールをパターゴルフっぽくアレンジしたもので、実は今アキオさんはその競技の、地元の協会の役員をやっている、スポーツっちゃあスポーツである。私なんかは全然ダメだったが、ほとんど毎週やってるご高齢の方たちの実力が凄いし、聞けば「道具が違う」という。道具によってまっすぐ転がったり狙い通りに転がりやすかったりするのだというが、本当だろうか。それ、ボールだけに、たまたまじゃないのだろうか。


nice!(0)  コメント(0) 

やってみないとわからない [雑記]

バンド練習のため、出町柳へ。駅近くのファラフェル屋でお昼を食べつつ、メンバーの誕生祝い。

そういえば、以前にみんなで行ったカレー屋に、後日メンバーの1人が恋人と入ったところ、前にやたらと絡んできたおじさんがまたいて、「ライブ、どうだった?」とか言われて、また絡まれたという。というかそのおじさんも、3ヶ月ぐらい前の1回しか会ってないのに、よく覚えてたものである。ちょっと怖い。

その後、スタジオへ。年末年始にライブが決まったのでその練習である。いつもは4人なんだけど諸事情により今回はギターが1人抜けた3人での出演になる可能性があり、3人で出来る曲を探り探り練習する。「これはギターが1人抜けると寂しくなるんじゃないか」と思った曲がやってみると意外に大丈夫だったり、大丈夫そうに思えた曲がやってみるとスカスカすぎて笑ってしまって途中で演奏をやめたりと、実際にやってみないとわからないものである。

練習後、いわゆる「鴨川デルタ」で今後の相談などする。三角州の尖端部分に謎の巨大イチゴショートケーキ(のぬいぐるみ?)があって人だかりが出来ていた。誕生日だったメンバーもいたので奇遇すぎて、でも不気味すぎて近寄らなかったんだけど、あれは一体なんだったんだろうか。

なんだったんだろうか」と言えば、夕方帰り際、出町柳は出町柳でも叡山電鉄の方が、ちょっとどうかと言うぐらいに行列が出来ていて、3分の2ぐらいは外国人観光客っぽかったのだけど、あれも一体なんだったんだろうか。と思って家帰って調べたら今日は「鞍馬の火祭」があったのだそうだ。行ったことないけど、そんなに人が集まるのは凄いな。「火祭」と言うとなんとなくフンドシ姿の男たちがたいまつを持って走り回るという(勝手な)イメージなんだけど、それ、そんなにみんな見たいのかと思うと、ちょっと面白い(実際はもっと荘厳なものなのかも)。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。