So-net無料ブログ作成

効果には個人差があります [雑記]

昨日の、花粉症だか何だかよくわからない症状が、いつもは大抵一晩寝ればケロっとしていたりするのであるが、今回は珍しく改善せず。困り果てて、とりあえず風邪薬でも飲んでご機嫌を伺おうとストナを飲んでみたら、これが意外と効果てきめんで、鼻水がケロッと止まったのだった。凄いなー。ストナって、何にでもきくなー(効果には個人差があります)。

で、治ったことに気をよくして、何となく買ってきた「金麦」を飲みつつ、めちゃイケスペシャルを見ていたのであるが、気付けば爆睡。にしてもあれだな、第3のビールって、もはやビールじゃないな、これ。なんか、カクテルみたいだ。まあ、酔っ払って爆睡しといて言うのもアレですが。


nice!(0)  コメント(0) 

セレブ [雑記]

今日は朝からずっと目がかゆくて鼻水が止まらなくなる、俗に言う「花粉症」っぽいものを発症。何年か前から、いつも何がきっかけでそうなるのか分からないが1年のうちに数日間だけそういうことになる日があり、そういう場合は大抵実家に帰って自然の中を歩いたり、自宅や会社でホコリまみれのところを掃除したりするとなるケースも多いのでホコリや何かしらの花粉に反応しているのだろうと思っていたのであるが、こんなド平日の金曜日、普通に仕事なだけの日に発症するとは何事だろうか。

そのことをTwitterにで呟くと、「鼻セレブ」をお薦めされたので「なんだ、鼻セレブて」と思って調べたら、ティッシュだった。ティッシュのくせにセレブとは生意気な。とはいえ、最近「セレブ」って言われても叶姉妹かデヴィ夫人しか頭に思うかばないので、「どっちもイヤだなあ」などと考える。デヴィ夫人に鼻を拭かれるとか、イヤだよ。普通に。


nice!(0)  コメント(0) 

変わらないなあ [雑記]

会社の周りの人たち(といっても主に二人)が交わす会話が、最近、なんだかひどい。彼らは普通に会話をしているだけなのだろうし、世間一般の人たちの会話は、むしろ彼らと似たようなものなのかもしれないが、何だろう、価値観が違いすぎて怖いぐらいである。しかも、自己中で周りの人の気持ちなんて何にも考えていない発言が多発するので、聞いていて、ちっとも面白くない。笑いのセンス、とまでは言わないが、面白いと思えることがこうも違うと、会話するのが辛いよなあと思う。で、「会話に参加したくないオーラ」を身にまといつつ半分無視して仕事をする日々である。

それで、そういえば、以前に上司と面談した時に「仕事はできてるから良いとして、周りとのコミュニケーションをどうのこうの」と言われ、まあそうかと思って言われた後2〜3日やってみて、すぐに挫折したことを思い出した。変わらないなあ、私も、彼らも。


nice!(0)  コメント(0) 

夢遊病のように [雑記]

社員旅行明けで、久々の出勤。「休み中、みんなが私の仕事をこなしてくれていてとても嬉しく、みんなをハグしてまわる」なんて夢のようなことは全くなく、ちんまり溜まっていた仕事を粛々とこなす。そして眠い。余りの眠気に、後半、夢遊病のように仕事をしていた。まあ、それはそれで凄いことである。


nice!(0)  コメント(0) 

本命はこっち [旅行]

IMG_0900.jpg

昨日と同じく朝食ビュッフェで昨日よりも少しのんびりし、お腹タポタポになるくらいコーヒーを飲んでからホテルを出発。夢の国を後にし、スカイツリーを車窓から眺めつつ、現実の都、六本木へ。今日見に行くのは、「せっっっっっかくこのタイミングで東京へ行くなら」と、チョウナン(一応、最近、ワンピース好き)を説得して予定に組み込んだ、ワンピース展である。

会場に到着。時間指定の予約制だから割と楽に入れるのかと思いきや、結構な行列がそこそこゆっくり進むスローペース。後で知ったが、展示の中に映像作品が2つあって、それを余裕のある空間で見せるため、入場ペースがゆっくりになっているのだった。それで、その映像作品が凄い。これまでのワンピースを知っている人にとってはもう、涙の止まらない名作である。

映像作品の後は、もの凄い数のカラー原画・モノクロ原画が山のように並んでおり、スクリーンでは、尾田氏がサラサラとルフィとチョッパーのイラストを仕上げていく様子が流れていた。相方さん曰く「あんなサラサラ描けるなんて凄すぎる」とのこと。チョウナンとカラー原画を食い入るように見つめたところで、お昼になったので退出。お土産にパンフレットとケータイストラップを幾つか購入。

会場を後にして、近くのラーメン屋でお昼を食べてから近所の公園へ行ってみることにしたのであるが、ラーメン屋を出て目の前にあったコンビニで「ドラクエくじ」をやっているのを発見。下手すればこの旅行イチでテンションが上がるコドモたちに負けて購入。なんか、「あまぐものつえ」などをゲットしていたが、でもさあ、これって、京都でも買えなくないか?

IMG_0902.jpg

さすが六本木。驚くほど小洒落たブランコのある公園は、公園といえども油断ならないくらいにオシャレである。とてもじゃないが「ちょっと近所の公園まで、子どもを遊ばせに来てみました」とは到底思えないほどの高級感溢れるセレブママが群れをなして集まってきており、正直焦ったのだった。

そして、そんな中を、何だか知らないが、かわいらしい白い犬に本気で追いかけ回されて必死で逃げるジナンが、バカでカワイイ。


nice!(0)  コメント(0) 

微笑ましい女子高生 [旅行]

二日目。朝はホテルの朝食ビュッフェがあるというので行ってみたら、盛大に並んでいた。ホテルの朝食で並んだのは初めてだ。それもこれも、みんな目当てが同じだからだろう。しばらく並んで、例によってチョウナンがパンを山盛り持ってこようとするのを何とか制止しつつ食べる。

IMG_1.jpg

今日は、一日ディズニーランドの方へ。開園時間少し前に着くと、えげつないぐらいの行列が出来ていた。これ、今日朝イチで来てパスポート買ったりしてたら、それだけで1時間ぐらいかかりそうな行列である。昨日の昼に来といて良かった。

昨夜の計画通り、ファストパスチケットやネットで仕入れた事前の待ち時間情報、リアルタイム待ち時間チェックを駆使し、見たかったアトラクションを色々とチェック。今日ほど、「iPhone持ってて良かった」と思った日もないなというぐらいに活用する。にしても、どのアトラクションも完成度が高くて驚く。ディズニーシーでもそうだったが、ランドはさらに、待ってる間の世界感の演出もなかなか凝っていて、よく出来てるなあと感心する。

天気にも恵まれたおかげで、お昼過ぎには一通り見たかったアトラクションを見終わり、お土産を買いに買って自宅へ郵送完了。昨日の教訓を踏まえて、夜のパレードまで一旦ホテルで休憩(昼寝)。

IMG_2.jpg

パレードの始まる少し前に再びディズニーランドへ。もう暗いのに、さすがにたくさんの人である。やはり「ひらパー」とは全然違うなあ。今日は防寒対策も立ててきたものの、そもそも、そんなに防寒具を持ってきていなかったので若干心許なく、今回、それだけが失敗である。

やや寒い中をパレードがスタート。初めて見たけど、アレだな、花火みたいなもので、結構、ずっと飽きずに見ていられるなあ。コドモたちも楽しんでいる。途中、シンデレラを探す王子の馬車をモチーフにしたのがやってきて、王子に分した男性が靴を持って女性を探していたのであるが、近くにいた女子高生たちが一斉に「わたしのー!」「それ、わたしのー!」と大声でアピールしながら手を挙げていたので笑ったのだった。いいなあ、微笑ましいなあ。


nice!(0)  コメント(0) 

夢の国 [旅行]

IMG_0717.jpg

というわけで、社員旅行。家族総出で東京ディズニーリゾートへ。とはいえ、初日の電車移動から昼食までが団体行動なだけで、その後はオール自由行動なので、社員旅行感は皆無である。

朝から、テンションが振り切った状態で準備をしすぎた余りに、予定よりも相当早い時間に出発準備が終わってしまったコドモたちは、いつも見ない「いないいないばあ」などを見て時間を持てあました後、京都駅から新幹線(チョウナンは出発して5分で酔っていた)と電車を乗り継ぎ、オトナにとっては割とあっという間に、午後イチで到着である。

初日は、昼食をビュッフェで、会社の他のコドモたちのか細い食欲を尻目に、チョウナンがパンを皿に盛りに盛ってきたので爆笑したりしながらガツガツ食べ、早々にディズニーシーへ移動。さすがに昼に入場門へ行くとガラ空きで、なんともスムーズにチケットを交換して中へ入る。

いやあ、東京ディズニーリゾート、初めて来たけど、噂に違わぬ諸々の徹底ぶりに、ちょっと感動したのだった。これは凄いな。この、世界感の演出は凄い。ディズニーリゾートをぐるぐる回るモノレールの吊り輪からして凄かったが、中でも山が本当に火を噴いてるし、ウェスタンな場所はトイレの看板までもがウェスタンである。それぞれのアトラクションでも、「ただ乗り物に乗るだけ」、「ショーを見るだけ」ではなく、その前提となる世界感をしっかり共有させてから、その世界に入りこませて楽しませるという、その徹底ぶりに驚く。

そんなわけで、色々圧倒されながら、何しろ初心者中の初心者なので、ファストパスの仕組みも覚束ない状態で、姉に借りたガイドブックと前日に知った公式サイトの待ち時間情報(iPhoneだとリアルタイムでチェックできる)を見ながらヨチヨチと、それでも、幾つかのアトラクションを満喫したのだった。

夜になるにつれ、予想以上の寒さが我々家族を襲いかかってきた。そうだった、ここは、もろ海沿いなのだった。そんなことは完全に失念していたので、防寒具がイマイチ揃っていない。昼間にテンションが上がりすぎて走り回っていたコドモたちも、夜にはすっかり足が重くなり、「ファンタジア」という、ディズニーランドで言うところのエレクトリカルパレードみたいなショーを見ながら、チョウナンが完全にダウン。本当は夜になると待ち時間がマシになる「タワーオブテラー」というちょっと怖そうなヤツに乗りたがっていたのであるが、外での行列に耐えられそうになく断念。代わりに近くの喫茶で夕食と暖を取った後、「マジックランプシアター」という、3Dアニメとマジックショーを融合したアトラクションへ行ったら、もっとコドモ騙しな感じかと思いきや、予想以上に楽しかったので驚いたのだった。本当に、どこもかしこも侮れない。

会場を出ると、ちょうど花火が上がり、閉園時間である。既に「ここ、本当に夢の国か?」と不思議に思うほどヘトヘトだったのもあってモノレールの駅まで迷子になったりしながら、ようやくホテルへチェックインして、コドモたちをお風呂に入れ、寝かしつける。まあ、寝かしつけるまでもなく、即寝である。

コドモたちが寝た後、ガイドブックとiPhoneをフル活用し、今日の教訓も踏まえて明日のスケジュールを念入りに検討。なんか、久々に「理系」の頭を振り絞り、ほぼ完璧なスケジュールを作りあげたものの、「朝イチ、ダッシュでファストパスチケット取りに走るとか、できるのかな、私に」とか考えながら就寝。


nice!(0)  コメント(0) 

近所のオカンか [旅行]

N-16でスタジオ。フェイスブックでいかなごのくぎ煮がどうしたこうしたと書いていたら、アヤちゃんのお母さんから「いかなごのくぎ煮」を頂いてしまった。ただ「いかなごのくぎ煮」っていう語感が面白かっただけなのに、なんか申し訳ない。というか、メンバーにおかずのおすそ分けて、近所のオカンか。

終わって、明日から社員旅行で二泊三日のディズニーリゾートなので、その準備を。コドモはもちろん、実は私も初めて行くので、色々と猛リサーチ。毎日の天候やアトラクション毎の待ち時間をまとめたサイトがあったり、スマートフォンで待ち時間がリアルタイムで確認できたりと、色々活用すればよさそうだということと、あと、ファストパスの仕組みを初めて知る。へーなるほどー、よく出来てんなー。


nice!(0)  コメント(0) 

すっかりお馴染み [コドモ]

チョウナンとジナンがもらってきた通知表には、もう見るの一体何度目だろうかというぐらいにすっかりお馴染みとなった「マイペース」の文字が踊っていた。

あと、両親の出会いが高校時代の吹奏楽部で、父は未だにバンドやってたり、その関係でチョイチョイライブハウスに出入りしているにも関わらず、音楽の成績が軒並み「もう少し」なのは一体どうしたものだろうか。誰に似たんだ、君たち。


nice!(0)  コメント(0) 

得体の知れない [コドモ]

チョウナンとジナンが、学童クラブで、キッズなんとかかんとか(超うろ覚え)というところへ行ってきたそうで、なかなかに楽しかったらしく、そのことを私に話してくれたのだったが、ただ、楽しかったよーと言いながらジナンが見せてくれた、現地で作ってきたであろうおもちゃらしき物体が、何をするためのものなのかが全く想像できず、その得体の知れなさ加減に笑う。(得体が知れなさすぎて、写真を取り忘れた)


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。