So-net無料ブログ作成

ナガエノスギタケ [雑記]

キノコにも色々あって、美味しいもの、匂いが良いもの、食べられるものから猛毒を持つものまで様々なものがあるわけであるが、先日知った、ナガエノスギタケというキノコが、なかなか変わったキノコらしい。

まず、その名の通り、もの凄く柄の部分が長いのだという。地面に出ている部分を丁寧に根本まで掘ると、それだけで1日仕事になるとも言われ、その長さ、数10センチは当たり前だというが、驚くのは、その長さというよりは、その根本である。不思議なことに、このキノコの根本には、必ず、モグラの巣があるのだという。もう少し詳しく言えば、ナガエノスギタケは、必ず、かつてモグラの巣だったところの、その、トイレに当たる部分から生えているのだそうなのである。

詳しいことはイマイチわかっていないらしいのであるが、どうも、モグラの糞の成分が発酵(?)することで反応して、ナガエノスギタケの菌が発生しているらしい。なんだ、そのキノコ。不思議ちゃんにもほどがあるぞ。

このナガエノスギタケが、別名「白まつたけ」とも呼ばれ、独特の香りがし、食べると独特の食感があって美味しいのだといわれても、ここまでの解説を読んだ上で「独特の香り」とか言われると、例え「白まつたけ」などと言われたところで、どう考えても食欲がそそられない気がするのは、私だけだろうか。


褒め言葉です、たぶん [テレビ]

「笑っていいとも」に松本人志。映画「さや侍」の話がメインだった。聞けば聞くほど、見てみたくなる映画である。というか、その後、主演の野見さんが登場し、何故か「うどん鼻すすり」を披露していた。野見さんのことは、「働くおっさん人形」から知っているが、やっぱり相変わらず気持ち悪い(褒め言葉です、たぶん)。映画の宣伝とはいえ、真っ昼間に放送する映像じゃないんじゃないかと不安になる。いや、面白かったけど。というか、こんな人に主演させて、どんな映画撮ったんだろうな、しかし。


孫を見るかのような [テレビ]

AKB総選挙とやらを、見るとはなしについ見てしまう。得票数が凄いとか、メンバーによって反応が色々で面白かったりするが、なんだかんだで一番驚いたのは、司会が徳光和夫だったことだろう。徳光さんが、孫を見るかのような態度で彼女たちと接しておられたのが印象的なのだった。もう、一歩間違えれば、これ、徳光さんが出ているというだけで、まるで本当の選挙特番になるから不思議である。オーラだな、オーラ。


パニックになる家 [雑記]

火災報知器の設置が義務づけられたとかなんとかで、慌てて購入。電池が10年持つとかで、電池が切れそうになったら警告音が鳴るのだそうであるが、よくよく見れば、電池の交換はできないのだという。10年たったら買い換えろということらしい。少し気になったので色々と調べてみると、どうやらそれが普通みたいなのであるが、そもそも、何故火災報知器は、電池交換ができなくなっているのだろうか。普通に考えて、それぐらいできたって良さそうなものだと思うのである。何か、技術的に難しいことでもあるのだろうか。

というか、10年たったら、きっとそんなこと忘れてると思うのである。それで、突然の電池切れ警告音に、「な、何か鳴ってる!?」ってパニックになる家が多数のような気がするのは私だけだろうか。


島唄って、こんな曲だったか? [テレビ]

録画していためちゃイケ「うたへた王座決定戦」を見る。うたがへたであることを、ここまで堂々とアピールする番組も珍しい。というか、番組の趣旨を十分理解し、「自分は、うたがへたである」ということも納得した上で、あの豪華なステージで、生バンドの演奏をバックに堂々と楽しく歌える出演者たちが素晴らしいと思う。

そして、オードリー・若林が歌う「島唄」の面白さは異常。人が歌っているのを聞いて「マジか、こいつ!?」と思ったのは初めての経験である。ある意味、カッコイイ。しかも、若林はCDデビューもするのだというから凄い。そのCD、聞いたら癒されるんだろうなー、腹筋割れるくらい笑ってしまうんだろうなー。


どさくさに紛れて [雑記]

以前から何度か書いているが、私の自宅から勤務先までは徒歩10分と、交通費も出ないくらいに近いのであるが、今日、昼休みが明けてしばらくした頃、別のフロアにいる上司から私あてに電話があり、出てみると「なんか、家の方、ごっつ燃えてるで」と言われたのだった。そう言われても私のいる事務所の部屋からは全く見えないので、見えるフロアに移動して窓から眺めると、確かに方向的には家の方の、でも私の家ではなさそうな、保育園の近くっぽい辺りから煙が出ている。ほどなくして、救急車や消防車が走っていく音が聞こえたので、やはり本当に火事らしい。とりあえず相方さんに「家の方で火事があったっぽい」といった内容のメールだけ送っておく。

家に帰ってサンナンに聞く(何故真っ先にサンナンに聞いたかは自分でもよくわからない)と、「今日なー、消防車となー、救急車がきててんー」と答えてくれた。やはり保育園の近くだったらしい。その後チョウナンが「○○くん(家にしょっちゅう遊びに来ている子)が、オトナの人に『燃えてる』って最初に言ったらしいで」とも教えてくれた。それは確かに凄いっちゃあ凄いが、でも、その時間って授業中じゃなかったのだろうか。そう思うと、「みんな、どさくさに紛れて好き勝手言ってないか?」と、ちょっと可笑しい。


何とかかんとか賞 [雑記]

会社の決算に関する報告会を市内某所で。全社員数百名が一堂に会する唯一の機会であるが、だからといって何か特別なことがあるわけでもなく、何とかかんとか賞とか言うので色々と表彰されている人たちの、その大半の人のお世話を少なからずしたことがあって、そう考えると、その表彰の賞金の数%は私のおかげじゃないか。まあ、それが私の仕事っちゃあ仕事であるので別に良いのではあるが。

というか年々社員数が増加していて、それに比例して、表彰される人や昇進する人の数も増加の一途を辿っており、下手すれば、今や、一般社員より主任の方が多いんじゃないかと思うほどになっているのである。社員のバランス、ちょっとおかしくないか?


カエルー [雑記]

朝から実家で、田植えの手伝い。昔から、毎年このぐらいの時期には行っていて、これまで何となく余り日記には書いていなかったと思うが、この年になると、まあ別に書いてもいいかなあという気になるから不思議である。

途中から、2つ上の姉が姪っ子2人を連れてやってきた。姪っ子は、おにぎりを持ってピクニック気分である。かわいい。カエルを捕まえて渡してあげると「カエルー」と嬉しそうだった。さすが、田舎育ちは違う。

その後、お昼を家でみんなで食べ、久しぶりに会った姉2人とケイコさん、アキオさんと話す。一番上の姉が耳ツボインストラクター(?)の資格を取ったらしいのでその話や、その息子と娘の進学の話から、私がどうやって受験する高校、大学を選んだか(単に「テストがマークシート(センター試験含む)だけだったから」なのであるが)、「受験勉強を、必死にはしなかった」などといった話をしたら、感心されたのだった。いや、まあ、感心されるようなことでもないのであるが。というか、家族でそんな話ができるのも、コドモが出来たからだなあとしみじみする。私の場合、面と向かって改めて親と会話をするのが照れくさいというのもあるので、コドモたちが中和剤となって、親や姉と話ができていると思うのである。というか、ケイコさんやアキオさんが私を見る目は、きっと今も変わらず、私がチョウナンやジナン、サンナンを見る目と変わらないのだろうなあと思うと、「いやいや、ちょっとバカにすんな」とも思うのではあるが。


まだ10時なのに [雑記]

明日の朝から実家で手伝いをするべく、仕事終わりで一人帰省。遅めの夕飯を食べてお風呂に入る。部屋に布団をしいて居間に戻ると、まだ10時なのに、部屋がもう真っ暗になっていて焦ったのだった。寝るの早いな。年取ったからだろうか。まあ、昔からアキオさんは、2時間ドラマ見ながら、登場人物が全員出揃う前にグーグー言い出すぐらいの勢いだったので、変わってないっちゃあ変わってないのかもしれない。


怪しすぎて [雑記]

会社に突然「こんにちはー!」と、何だかよくわからないが声の大きい押し売りみたいなオトコの人がやってきた。北海道産のお菓子とかカップケーキみたいなのとかの売り込みにきたのだと言うので、そんなことがあるのかと驚いたのだった。もちろん、怪しすぎて誰も何にも買わない。高いし。というか、買う人いるのか、あれ。怪しすぎるにもほどがあるぞ。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。