So-net無料ブログ作成
検索選択

脱いだらきっと、良いオヤジ [コドモ]

昨日、ペダルを漕ぎすぎたせいでカラダが重いので、連休2日目にして、早くも1日家でゴロゴロ過ごす。コドモたちは1日寝たら早くも回復し、普通に走り回っている。頼もしい限りである。あんなにペダル漕いでたのにな。

そう言えば昨日、たまたま「仮面ライダーオーズショー」もやっていたのでコドモたちと見学。こういうヒーローショーものは何度か見ているが、持ち時間の大半は「悪役ヒーローの客いじり」で、悪役さん(関西弁)の達者な客さばきには毎度感心するのであるが、そんな、きっとぬいぐるみ脱いだら良いオヤジに違いない悪役を、ジナンが本気で、「悪い人が襲ってくるー」と半泣きになって怖がっていて、ジナンには申し訳ないが、見ているこちらは逆に「なんて可愛らしい」と癒されたのだった。自分が小学一年生の頃に、そこまで素直だった自信は余りないのであるが、一体、誰に似たのだろうか。


つい乗ってしまう不思議 [旅行]

PIC_0102.jpg

電車とバスを乗り継ぎ、「関西サイクルスポーツセンター」という所へ。京都からだと、なかなかの遠さである。

「サイクルスポーツセンター」というだけあって、自転車をフューチャーした遊園地。特筆すべきは、全ての乗り物やアトラクションに、いちいち「ペダル」が付いているという事実である。電車系から、落下系、ジェットコースター的な乗り物にまで付いていて、地味に可笑しい。それで気付いたのは、何だろう、ペダルがあると、人は漕ぐということである。漕いだなー。もう、1年分ぐらいペダルを漕いだ。

連休初日とはいえ、大阪南の少し外れた所にあるからか、ほどほどの混み具合。この遊園地の一番の見せ場は、色んな変わり種自転車に乗れるスペースである。チョウナン、ジナン、相方さんがサイクリングコースを走っている1時間以上の間、特にすることもないので、サンナンと二人で変わり種自転車を乗りに乗り続けたのだった。何だろう、ちょっと変わった自転車が目の前にあったら、つい乗ってしまうのである。不思議だ。別に漕がずにベンチで寝てたって良いのであるが、つい、二人乗り自転車とかあると、乗ってしまうのである。

関係ないが、若いカップルの女性の方が何故かフリフリのミニスカートやピンヒールで来ているというのを何度か見掛けたが、そんな格好で、こんな、ペダルを漕がずにはいられない場所に来たらダメだろうと思う。

途中、しょぼーいメリーゴーラウンド的な乗り物(ペダル付き)やしょぼーい立体迷路(ペダル有り)なんかにも入りながら、なんだかんだで閉園間際まで遊び、そこからまた2時間近くかけて帰宅。いや−、自転車でここまで盛り上がれるとは。コドモたちにも結構好評だったのであるが、いかんせん、家から遠いのが玉に瑕である。また行くかと言われれば、ちょっと躊躇する距離。あと、天気が悪いと一気に遊べるアトラクションが無くなるのも玉に瑕である。それから、園内に流れるテーマソングの歌詞が「♪レッツコギコギ、エクササーイズ」で、ずっと聞いてると、ちょっとイラッとするのも玉に瑕である。って、なんだ、瑕が多いな。


そう言われましても [コドモ]

小学生になると毎日のように宿題がある、というのはチョウナンが毎日宿題をやっていることから確実なのであるが、中でも、「本の音読」の宿題が、かなりの頻度で与えられているようである。

チョウナンがそうだったように、そして今もそうであるように、おそらくジナンにも同じように宿題が日々与えられ、中でも「音読」の宿題はかなりのウェイトを占めてきそうな気配である。

それで、今日、初めて「音読」の宿題に挑戦したジナンは、始める前に、相方さんの前で「・・・恥ずかしい」と泣き出したのだというので笑ったのだった。まあ確かに音読がちょっと恥ずかしいという気持ちもわからないではない。

ただ、だとすれば、これまで2年間毎日チョウナンが音読しているのを聞くとはなしに聞いていたジナンは、毎日チョウナンの音読を「うわ、恥ずかし」と思って聞いていたということなのだろうか。それはそれで、ちょっとひどいよなあ。


「いざという時」がやってきた [雑記]

2日ほど前に、家のプリンタが突然壊れたらしく、急に電源が入らなくなった。コードを差し替えたり、コンセントの差し口を変えてみたりしても同じである。確か以前壊れた時(既に5年近く前だが)は、年賀状を作る時期だったこともあって即買い換えたのだったが、今回は、実はつい先日インクの予備を購入したばかり。新しいプリンタをチェックしていると、今の機種と同じインクはもう使えないらしく、それだけにプリンタ自体を買い換えるのはもったいないなあなどと考えていて、ふと、そういえばソフマップの5年保証に入っていたはずと思い立ったのだった。 思い立ったはいいが、関連書類を探すも、これがなかなか出てこない。小一時間ほど家捜ししてようやく出てきたかと思えば、今度はメーカーの保証書が入っていない。心当たりのある所、ない所、そんな所にはないだろうといった所まで漏れなく探してみたものの見つからない。困り果てた結果、保証は諦めて、旧機種を定額で修理してくれる所が見つかったので、そっちで修理をしようと見積もりを依頼する。

昨日、早速その見積もり依頼したところからメールが来た。曰く、「着払いで良いので、箱に入れて送って下さい」とのこと。金額もネットに載っていたのと同じだったので、諦めてそこに依頼しようと押し入れから購入時の箱を取り出してきて驚いた。箱の中に、普通に、メーカーの保証書が入っていたのである。「灯台もと暗し」というか、何というか。というか、ワランティの封筒に一緒に入れとけよな、5年前の私。

本当に、このご時世、いざという時のために準備してある様々な事柄が、その「いざという時」に本当に役に立つかどうか、改めて、「いざという時」がやってきたというまさにその気持ちで、きちんと確認しておいた方が良いのではないだろうかという、私からの提案である。


「ボク、負けるー」 [コドモ]

コドモたちとトランプの何のゲームを知っているかという話になり、話しているうちに、「大富豪」のルールを説明することになった。

それで、まずはお試しでみんなの手札を見せながら実際にやってみることに。で、ジナンに「3が一番弱くて、2が一番強い」とか「順番にカードを出して、前の人より強いカードが出せれば出す」などと説明をしながらゲームを進めていると、説明している最中に突然ジナンが泣き出したのだった。何事かと思えば、泣きながら「ボク、このままやったら負けるー」と言うので、笑うのを通り越して呆れてしまう。いや、説明してるだけなんだけどなー。


20年越しの新事実 [雑記]

会社で使用しているメールのサーバーが変更になるとのことで、その関連の設定を全て変更する必要があるとのこと。一部、外部に設置しているPCの設定も変更する必要があり、現場に行ってくれた方と電話でやり取りしながら動作確認をするも、全然上手くいかない。何が悪いのかと確認していると、上司が設定しておいてくれたはずの社内の方の設定がボロボロであることが判明。電話の相手に確認しながら修正、何とか事なきを得る。上司だけに「ボロボロでしたよー」とは言えず。この気持ち、一体何処へぶつければよいのだろうか。

最近、ブログの更新が滞っているのは、実は、仕事が忙しいとかいったこともありながら、ケータイでファミコン版のドラクエ3をやっていたというのが大きい。年度末に実家の人たち数名と飲みに行った際に一人がやっていて、ちょっとうらやましくなり、何となくやり始めたら地味にハマってしまったのだった。で、ネットでダンジョンの地図など調べながら進め、無事にラスボスも撃破したのであるが、驚いたのは、「ラスボスであるゾーマにベホマをかけると強烈なダメージを与えられる」という事実である。何だ、その設定。街の人たち、誰もそんなこと言ってなかったと思うんだけどなー。ドラクエ3はたぶん中学ぐらいの頃にやったはずだが、そんな話全く知らなかった。20年越しの新事実である。やってみるもんだ。いや、まあ、知らなくても一向に困らない情報ではあるが。

というわけで、上司の尻ぬぐいをさせられた思いを、ゾーマにぶつけた次第である。


アカン嫁がリアルに怖い [テレビ]

以前に、チョウナンを夜中に起こしてトイレに連れて行っているという話を書いたが、昨夜、深夜0時にチョウナンを起こすと、しばらくぼんやりした後、右手に枕を抱えてトイレに行こうとするので笑ったのだった。というか、「人は、寝ぼけると、本当に枕持ってウロウロするんだ」と感心する。

夜、「アカン警察」を見る。日曜夜8時にダウンタウンと今田、東野、板尾を見ると、感慨深いものがある。VTRで隠し撮りされた「アカン嫁」の映像というのがあり、ソファに寝転がってテレビを見ながらビールを飲み続け、仕事から帰ってきたダンナにコンビニへつまみやビールを買いに行かせる嫁が衝撃的過ぎて、ちょっと怖面白い。「イーカーッ! 買ってこいよー」とか言う嫁がリアルに怖いというか、インパクトが強すぎて、今、地味に私と相方さんの間でちょっとしたブームである。まああれだ、反面教師だ。


タッチパネルへの順応 [雑記]

コドモたちが朝7時過ぎに起きだし、いつも通りに朝ご飯を食べる。ジナンとチョウナンは午前中に児童館主催のカレーパーティーに参加するため、それまでに客人たちを起こして遊びたかったらしく、「とりあえずサカイさんを」と、二人が昨日夜遅かったであろうサカイさんを強引に起こしてきた。それで、ウチに泊まる時点でそれなりの覚悟はされていたであろうサカイさんとコドモたちが一緒に、遊ぶというか、半分、コドモの話をサカイさんが聞くような形に。で、話の流れで「じゃあ、ちょっとウッチーさんも起こして来なよ」みたいなことになり、ジナンが起こしに行ったはずが、ウッチーさんだけ起こしに行ったはずが、気付けば全員が無理矢理に起こされていて笑う。おかげで、いつもはみんな昼前ぐらいまで寝ているのに、今日は10時過ぎぐらいには全員起きていて、しかも、起こした張本人は既にカレーパーティーへ出掛けていないという、なかなか失礼なことになっていたのだった。

みんな、コーヒー飲みながらマンガを読んで束の間のんびり過ごされる中を、一人サンナンが走り回って人のケータイやスマートフォンを触りまくり、オトナたちが、それを半ば諦めながら微笑ましく観察。たまに本当に電話かけてたりするから危険である。というか、普段から iPad とか触ってるからだろうか、サンナンのタッチパネルへの順応が凄まじく、気付けば、画面のロック解除(該当箇所を指で斜めになぞる)を勝手に覚えていたりするから驚きである。

客人たちが昼前に出発されるのを見送り、チョウナンとジナンがカレーを食べているであろう時間に、自宅でもカレー。「わざわざ合わせなくても」と思うが、相方さん曰く「合わせておかないと、家でカレーを食べるタイミングがなくなる」のだそうである。なるほどなー。


ちょっと、知り合いのところへ [音楽]

仕事を定時で半ば強引にザクッと切り上げ、早足で帰宅。これまたザクッと夕飯を食べた後、みんなで京都メトロへ、moools のライブを見に出掛けたのだった。

家から最寄りの京阪の駅までタクシーに乗ると、運転手さんに「今からお出掛けですか?」と言われ、咄嗟に「ええ、ちょっとクラブへ」とはさすがに言い出せずにいると、相方さんが「ちょっと、あの、知り合いのところへ」と、絶妙な、決して間違ってはいない受け答えをする。

運転手さん、精算時に、私にだけこっそり「お子さん、3人ですかぁ・・・」としみじみ言っておられたのであるが、私の周りには3人以上の子持ちなんてザラにいて珍しくも何ともないと思うのであるが、世間一般のイメージだと、そうでもないのだろうか。

メトロに到着し、コドモたちが楽屋で休憩していた moools たちと少し遊んでもらった後、moools のライブが始まった。ついさっきまでコドモたちと遊んでいた彼らは比較的普通のおじさんだったのであるが、ステージにたって演奏をはじめると、その男前がグイングインアップするのが凄い。ライブで久しぶりに聞いた曲も多く、ただただ格好良かった。あと、この日サカイさんがやった、あるモノマネ(というか何というか)がツボにはまって、しばらく抜け出せなかったのであるが、それをここに書いても、きっと上手く伝わらないであろうことが悔しい。

ただ、さすがにコドモたちは21時を過ぎると起きているのがつらくなってきたので、演奏の途中で泣く泣く帰宅。家に着くと、とりあえず急いでコドモたちにパジャマを着させて眠らせると、さすがにすぐ寝た。というか、ライブの演奏中に爆音の中でも寝てたぐらいなので、彼らはいつでも何処でもスイッチが切れれば眠れるのだろう。よくできた生き物である。

ライブ後に、moools の面々は我が家に宿泊すべくやって来るので、それを何となく待ちながら、本を読んだり色々していたのであるが、ふと気付けば布団で爆睡していたので、彼らが何時に家へ来たのか不明。何となく、夜中2時ぐらいに誰かがシャワーを浴びていたような気がするのであるが、それも正直よくわからない。我ながら、不用心だなあと思う。しかしまあ、10年前、彼らが初めて家に泊まりに来た時には、10年後、こんな感じになっているとは全く想像もしていなかったなあと感慨深いのだった。


やるな、校長 [雑記]

ニュースでしょっちゅう、集団登下校中のコドモの列にクルマが突っ込み、コドモが重傷、場合によっては亡くなられるという話題が取り上げられている。今日もまた、クレーン車が突っ込んで6人のコドモが命を落としたとのこと。子を持つ親として、いたたまれない気持ちで一杯である。

話は少し変わるが、私の家の前は、向かいの家と道幅の半分ずつをシェアしている私道になっていて、自転車がすれ違うのが精一杯ぐらいの幅の細い路地とでも呼ぶべき道なのであるが、この細い道を、毎朝、大量の小学生たちが通っている。あまりにも多いので「すぐ近くには大通りもあって、信号もあるし歩道もきちんと整備されているのに、何故広い通りを通らないのか」と思っていたのであるが、何でもウチの小学校では、前述の事故のケースも考慮し、ウチの家の前の私道が通学路に大抜擢されているらしいのだった。あと、集団登校も基本的にしないのだという(クルマが突っ込んでくると大勢のコドモたちが傷ついてしまうから)。やるな、校長。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。