So-net無料ブログ作成

こんな本も出してるのかー [雑記]

本屋さんで久しぶりにコドモたちに本を買ってやろうと連れて行き、三者三様で本を選ばせると、ジナンが真っ先に持ってきたのが「はやいぞ! 新幹線 特急 だいすき!!」とかいう本で、正直「また電車か」と思ったのであるが、このムックがなかなか良くできていて、というか、かなり良質なDVDが付いており、以前にアキオさんが何処かの店で、かなりのお買い得価格で買ってきた(と思われる)「電車大集合」とか「乗り物大集合」みたいなDVDがあって、実家に帰るとなかなかの頻度でそれを見させられるのであるが、それと比べると全然遜色ないどころか数十倍ぐらい出来が良いDVDなのだった。この値段(1600円ぐらい)で、この絵本(というか、写真集?)とDVDが付いているならお得だ、と思わされる出来である。

で、何処が出してるんだろうと思って見たら「実業之日本社」だったので、思わず笑ってしまったのだった。「実業之日本社」と言われると、どうしても「静かなるドン」とか「エロ系漫画」とか「ゴルフ雑誌」とか「西村京太郎」といったオヤジ臭漂うイメージしかなかったのであるが、そうか、こんな本も出してるのかー。しかもクオリティが高いというのが、何となく可笑しい(失礼)。


そりゃまあ、ウザいっちゃあウザいが [雑記]

午後イチから、N-16の練習。今回は、これまでやってた曲を復習しながらも、新しい曲や以前作りかけていた曲なんかに手を付け始めてみたりして、俄然、色々楽しくなってきた。いや、今までも楽しかったのであるが、何だろう、楽しさ3割増しぐらいの感じである。

練習の後、久しぶりに全員で我が家へ移動して色々話しをしたり、練習で録音したものをCDに焼いたり。アヤコさんちのムスメさんたちとうちのコドモたちが、最初は何だか大人しかったものの、オヤツや果物をテーブルに並べ始めた辺りからテンションがジワジワあがり始め、テーブルに残っているオヤツが全て粉末状になるのと同時ぐらいのタイミングで誰からともなく「お絵かきするー」という流れになって「スーパーせんせい」や「らくがき帳」なんかを用意し始めると、そこから一気に火が付き、気がつけばみんな「ギャーギャー」騒ぎながら我が家のあちこちを行ったり来たり走り回っていたのだった。しかも、何故かみんな、さりげなくテーブルの近くを通ってはイチイチお菓子をひとつまみしていくのが、「落ち着いて食えよ」って感じで可笑しい。そして、最後までオヤツの前から動かなかったのは、やはりサンナンである。食べ過ぎて吐いたこともあるくせに、懲りないオトコである。

確か色々、コドモのこととかバンドのこととか音楽のこととか話したはずなのであるが、何故か一番印象に残っているのが「アヤコさんの地元に高校生のヒップホップグループがいて、ライブでやけに場慣れしていてウザい」という話なのが不思議である。もっと何か、大事な話もあったような気がするのであるが。


「なぜ?」と言われても [パソコン]

昨日「Time Machine」のトラブルのことを書いたので、そういった関係のことで検索して来た人がいるかもしれないと思い、検索フレーズのチェックをしてみたら、そんなことは全然なくて、代わりに、いつものように、なんだかよくわからないフレーズでこのサイトにたどり着いた人たちを多数発見。相変わらず、世の中色んなことで困っている人(とも限らないが)がいるなあと思う。

サラシが無ければ即死だった

この「○○が無ければ即死だった」というフレーズで検索している人が定期的にそこそこいるというのが、我が国におけるガンダムの人気の高さを裏付けているように思います。にしても、サラシて。

女をオムツ調教

してません。

陽性なのに妊娠してない

まあ、そんなこともあるでしょう。

産まれたて 白目

大丈夫ですか?

スリッパ食べたおばさん

以前も言いましたが、そういう時はとりあえず病院に連絡してください。

押入れ 雨漏り 天井は濡れていない なぜ?

え? なぞなぞ?


成功したぞ、コノヤロー [パソコン]

昨日のブログをちょうど更新し終わったタイミングで、よくわからない修復を延々続けていたディスクユーティリティが、突然「検証に失敗しました」と弱音を吐いたのだった。「オレが修復してやるよ」などと思わせぶりな態度を見せておきながらの、まさかの敗北宣言。「やっぱ無理っす」と言われても、こっちもバックアップがないと不安で困るのである。何とかしろよなー。

色々と考えた結果、AirMac Extreme につないでいるハードディスクを MacBook Pro に直接つないで再度「ディスクを修復」を試してみると、今度は「検証にも修復にも成功したぞ、コノヤロー」と言われたのだった。それで気をよくして「よしよし、良い子だ」と、接続を元に戻し Time Machine にてバックアップを試みたのであるが、これがやっぱりダメで、アイコンがいたずらにクルクルクルクル回るだけである。結局、泣く泣く(というほどでもないが)最後の手段であるフォーマットを試み、諸々初期状態に設定しなおしてから再度バックアップ。これで気をよくしたのか、Time Machine はようやく再びバックアップを始めたのだった。改めての初回バックアップなので、データ容量も200ギガぐらいあって、えらく時間がかかる。結局そのまま一晩放置して、それでも終わらなかったのでそのまま会社に出勤。仕事から帰ってきた頃には正常にバックアップが終了していたのだった。というか、直ったのは良いものの、そもそも何故ダメになったかが不明なのである。こりゃ、また壊れるな、きっと。


今なお、検証して修復中 [パソコン]

私が今使っている MacBook Pro では、種々様々なデータが「Time Machine」という機能を使って日々バックアップされているのであるが、何やら数日前からそれが上手くいっていないらしく、ずっと「準備中」とか言いながらアイコンがクルクルクルクル回り続けているので、何がおかしいのだろうかと色々試したり調べたりした結果、どうもバックアップ用のディスク領域が壊れているのではないかと思い至ったのだった。

早速「ディスクユーティリティ」でバックアップ用の領域をのぞいてみたところ、見た瞬間に赤字で「このディスクは修復する必要があります。”ディスクを修復”をクリックしてください」などと言われ、それで、「そうか、やっぱり壊れてたか」と、言われるがままに「ディスクを修復」をクリックしたのであるが、クリックし終わった瞬間に「ボリュームの修復が完了しました」と出たのだった。余りのスピードにおののく。ちょっと早すぎやしないか? 本当に修復したのだろうか。そして、修復が完了したのは良いが、何やら「ボリューム用のブート・サポート・パーティションを必要に応じてアップデート中」などと寝ぼけたことをゴニョゴニョ言いながら、今なお「検証して修復中」のまま、かれこれ数十分が経過。この処理、本当にちゃんと終わるのだろうか。かといって、途中で止めるとまた状況が悪化しそうな気もするしなー。とりあえず、一晩ぐらい寝かせてみたほうが良いのだろうか。


ああ、暖かくなったから変な人が [雑記]

急激に暖かくなってきた。このまま春になったら良いのであるが、そうもいかないのだろうか。そして、眠い。

会社の近くの、ちょっと前まで普通に駐車場だったところが、ある日突然もぬけの殻の空き地になっていたのであるが、月曜からその空き地にブルーシートが張られ、おっさんがウロウロするようになったので「ああ、暖かくなったから変な人が現れ始めた」と思ったら、その空き地が唐突に「不要家電・鉄くず等回収場所」になっていて驚いたのだった。しかも、その一角は既に不要家電らしきゴミが山盛りになっている。みんな、何処でそんな情報を入手してるのだろうか。適応能力、ちょっと高すぎないか?


オバケだぞー [コドモ]

サンナンの最近のお気に入りフレーズは「オバケだぞー」である。

お風呂の出入りや何かでドアを開ける時は必ず、ちょっとニヤニヤしながら「オーバーケーだーぞー」と言うのである。まあ可愛らしいっちゃあ可愛らしいのではあるが、余りに連日のことであるので、いい加減こっちも飽きてきており、それこそ最初の頃は「えー、オバケー? かわいいオバケやねー」みたいな優しいリアクションをしていたのが、もう今となっては「ああ、オバケねー。わかったから、ちょっとオバケ、オムツ取ってきて」とか、「ちょっとオバケ、早くパジャマ着なさい!」とか、「おいオバケ、いらんことすんな!」などと、なかなかに、ぞんざいな扱いになりつつあるのだった。いや、かわいいんだけどなー、オバケ。


君たち、どんだけ [コドモ]

相方さんが朝から友人と「厄落とし」に出掛けるため外出することになっていたので、夜まで一人で子守り。天気が良かったので梅小路公園まで出掛け、コドモたちを野放しにして小一時間ほど遊ばせておいたら、最終的には、葉っぱや木の枝、小石を集めてきて丸く並べて「たき火ごっこ」と称し、小枝で小石をグリグリやって「スープ」らしきものを作り、「いただきまーす」と言って食べる真似して遊んでいたのだった。君たち、どんだけ食べるの好きやねん。

その後、本屋へ行って本を買おうと思ったら、店に着いてから財布を忘れていることに気付いたのだった。かろうじて持っていた図書カードでマンガを数冊(オトナ用)買って帰る。というか、本当は「あたまがコんガらガっち劇場」があればチョウナンに買ってやろうと思っていたのであるが、何故かこの本、何処に行っても店頭に在庫が無いのである。最初に見た時に買っておけば良かったなー。


漢方みたいな味 [雑記]

夜、所用のため一人で実家へ。夕飯を食べ損ねていたので実家で食べようと思ったのであるが、あいにく用意がなく、それで、久しぶりにレトルトのカレーを食べたのだった。レトルトのカレーって、いつ食べても漢方みたいな味がするのであるが、あれは一体、どうしてなのだろうか。そんなこと思ってるのは、私だけか?

昔、何かのテレビ番組で「レトルトのカレーを何種類か鍋で混ぜて煮込んだら、一流レストランばりのカレーが出来る」と言っていたが、あれは本当なのだろうか。そんな、漢方くさいものを調合しても、ただの漢方薬しかできないんじゃないだろうか。


チョコをもらったオトコたち [雑記]

20100214461.jpg相方さんからチョコを頂いた。もちろん14日に頂いた、というか、確かもっとずっと前から冷蔵庫に入っていて、「これは、まだ食べたらダメ」と言われていて、無事、解禁になったので開封。一気に食べると鼻血が出そうなので、毎日少しずつ、有り難く頂いている。いちご味のチョコが、駄菓子によくある、あの「アポロ」とかの「イチゴ味」ではなくて、きちんとリアルにいちごの味がし、凄く美味しい。

20100218464.jpgチョコと言えば、先日泊まっていったサカイさんに、「うちの奥さんから、コドモたちに」とバレンタインのチョコを頂いたのだった。なんだか気を遣って頂いたみたいで、しかも何か、「食べられる物」でさえあれば何にでも口を開けてウェルカム状態になるサンナンを筆頭とするガサツなコドモたちに、相当オシャレなチョコ(一つ一つが太陽系の惑星をイメージして作ってある)を頂いて、本当に申し訳ないというか、もったいないというか。幾つか、ブランデーとかが入ってそうだったので私と相方さんも頂いた(食べてみると、そんなにお酒がキツくはなかったのであるが)が、やっぱりかなり美味しかった。そして、余りにオシャレすぎて、何をどうやって返せば良いのか検討が付かない。どうしよう。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。