So-net無料ブログ作成
検索選択

ちぢれる人生 [雑記]

朝から、実家近くのお墓へみんなで掃除をしに行ったのであるが、コドモたちが墓石に対してかなり馴れ馴れしく、まるで公園の遊具のように墓石にのったり、なんか奥の方の他人ん家のお墓にまでズイズイ入っていったりするので、見ているこっちがヒヤヒヤしたのだった。

ジナンとサンナンが「ボクも、お花あげる!」と言い出し、それで近くに生えてる野花を供えようとしたものの冬場なので花らしい花もなく、しばらく歩いてようやく見つけたちいさなタンポポとシロツメクサのかけらみたいなのを走って持ってきてお供え。供えられる方は「げー」と思ったに違いない。でもまあ、かわいいから、そのかわいさに免じて許してやって欲しいと思う。

年越しそばを食べると、翌年も細く長く生きられて縁起が良いという話であるが、私の場合、実家で大晦日を過ごすと、夜遅くにNHKの紅白を見ながら年越しそばを食べ、お寺で鐘がゴンゴン鳴らされる映像を見ながら年を越すのが通例になっていて、ただ、ここ何年もずっと「年越しそば」といっても「どん兵衛」中心の「カップそば」である。それで、今回私は、ちょっと前にもらった「スーパーカップ1.5倍」が残っていたので、それをガッツリ食べることにしたのだったが、よくよく考えれば、それは、もはや「年越しそば」でもなんでもない、ただの夜食である。そんなので、ちゃんと細く長く生きられるのだろうか。何なら、私が食べたのは「ちぢれ細めん」だったのであるが、私の人生、ちぢれやしないだろうか。イヤだよ、ちぢれる人生は。


6年前から変わってないのかー [雑記]

サンナンが昼寝から起き出した後、電車に揺られて実家へ。やっぱり相当寒い。

姉の息子(今は中学生)がコドモの頃にはまっていたプラレールが大量に置いてある部屋でコドモたちが遊んでいるのにつきあう。というか、サンナンがストーブを触らないよう見張りながらゴロゴロする。アキオさんが、私が昔使っていたファミコンやスーパーファミコンを物置から引っ張り出してきて使えるようにしてくれたのであるが、すると、チョウナンがスーパーファミコンのパズルゲームにすっかりはまってしまったのだった。久しぶりに「ほほてこあち」みたいな「パスワード」を紙にメモった。もう、ゲームって、これぐらいで全然良いよなーと思う。

その、半分「おもちゃ部屋」と化してしまった部屋には「木彫りの熊」や日本人形的なものなど、色々なものが飾るともなく飾られていたのであるが、その中に一つ、よくわからないのがあったので思わず写真を撮ったのだった。

20100102386.jpg
「貴婦人、輪島朝市でわらじを買う」の図

そんな着飾って朝市でわらじを買う人もいないだろうと思う。ただ、今、何となくふと思い出して調べたら、6年前にも同じことをブログに書いており、なんだ、その頃から私も実家も全然変わってないのかーと思うと、ちょっと悲しい。


年末のご挨拶 [業務連絡]

というわけで、2009年分の更新は一先ずここまでにします。年明けは、たぶん3日から更新する予定、元気だったら、ですが。何度も書いてますが、実家、寒いからなー。

ご覧いただいている皆様、今年1年(といっても今年は3ヶ月ぐらいしか書いてませんが)、ありがとうございました。

今年、約1年間ブログの更新をサボっていたのを10月に復活し、11月ぐらいから毎日の分の更新をするようにしてみました。いつまで続くかわかりませんが、来年もこの感じで続けていこうかなーと思っています。毎日見に来いとは言いませんし、たまに見に来たらもの凄い量の更新がされているので読むのが億劫になるかもしれませんが、別に、全部漏らさずリアルタイムで必死に読んでもらう必要もないと思います。イヤにならない程度の、最近2〜3日ぐらいを読めば十分です(後は、YouTubeで時間つぶすような本気でヒマな時にでも読んでください)。なので、来年もまた、見捨てないで、ご愛顧のほど、よろしくお願いします。

それでは、よいお年を。


明らかに1年以上 [雑記]

会社の大掃除。朝いつも通りに出勤したら良いと聞いていたのでいつも通り行ったら、部長と他数名が既に全開で掃除していて焦ったのだった。後で聞いたら、部長以外の数名も「掃除の前にやっておきたい仕事があったのでちょっと早めに来たのに、部長が既に掃除モードだった」というので笑ってしまった。それならそれで言っといてくれればみんなちょっと早く来るぐらいは忍びないのであるが、「そこは敢えて強制しない」というのがうちの部長らしいところで、「面倒なことを無理強いしない、良い部長じゃないか」と言われればそうなのかもしれないが、ただ、そうはいっても朝出勤した時に部長に一人で掃除なんかされてると、なんだろう、別に悪いことなんて何もしてないのに何故かこっちがちょっと罪悪感を感じて恐縮してしまうのであって、それがちょっとウザい。

私の掃除担当は自部署とはまた異なる部署の事務所だったのであるが、その事務所、毎年大掃除しているはずなのに、現れるホコリの量が「明らかに1年以上掃除してないだろう」という量で笑ったのだった。ちゃんと掃除しとけよなー、まったく。


ジワジワと [雑記]

仕事終わりで急いで自宅に戻り、実家へ。所用を済ませながら、幼なじみ数名とテレビを見ながらグダグダお酒を飲む。普段テレビを見る時は大抵コドモか相方さんと一緒で、年の比較的近い男性と見ることは少ないので、何やら凄く新鮮だった。見ていた番組が「10文字でニュースの疑問に答える」とかいうやつで、10年前の同じメンバーだったらきっとチャンネルを変えてたような気がするのであるが、みんな必死で答えを考えたり、優木まおみの賢さに驚いたり、野村沙知代・克也夫妻の顔が似すぎていることを熱く語りあったり、公務員を悪く言い過ぎな感じに憤慨したりして結構盛り上がり、なんだかみんなジワジワと年取ったなーと思うのだった。

その後も色々話し、なんだかんだで深夜2時半まで過ごした後、実家でお風呂に入って仮眠。6時頃に無理くり起き出し、7時過ぎの電車で今年最後の出勤(といっても大掃除)をするべく会社へ、若干目をショボショボさせながら向かったのだった。早起きは得意なのであるが、とは言え、我ながら無茶なスケジュールだ。


なんちゃって障子 [雑記]

20091227380.jpg

大掃除をしようとしつつも余りにとっちらかっていたため何をどう掃除したら良いか途方に暮れ、それで思い立って、数年ぶりに障子を張り替えたのだった。

確か、引っ越してきてすぐくらいにケイコさんに障子を張り替えてもらったのであるが、その後チョウナンが生まれ育つ過程において、さも当然のごとくビリビリに破れたものの、張り替えるのも面倒で、というか、張り替えたところでまたすぐ破られる姿が目に浮かんだので、あえて放置しておいたのである。

それで、今回、ついに思い立って張り替えたのであるが、実は、張り替えたといっても障子紙を糊で張ったわけではない。白い布を画鋲で留めたという、見る人が見れば「日本文化をなめとんのか」と怒りを買いそうな「なんちゃって障子」なのだった。確か今年の夏ぐらいに、相方さんと障子の話になり、「布だったら破られる心配もないんじゃないか」と盛り上がり、一度やってみようということになっていたもののなかなか時間がとれず、それでようやく今日に到ったのである。実際にやってみたら結構キレイな仕上がりで、写真で見てもあんまり違和感がないのが不思議である。布、本当はベージュのチェックが薄く入ってるのに、気付かせない仕上がり。障子張り替えるのが面倒だなーというズボラな人にはお勧めである。


まさかのクリスマスプレゼント [雑記]

20091226373.jpg

N-16の練習後、休憩室でダラダラ過ごしていると、不意にスタジオの見たこともないドアから優しそうなオバサマが現れて「これ、クリスマスプレゼントですので、良かったら持って帰ってください」と、手作り貯金箱と手作りクッキーが入った手作りの紙袋を頂いた。本当は紙袋1つにそれぞれ2つづつ入っていたのであるが、「コドモ3人いて2つだとケンカになったら悪いから」と1つユカさんから頂いたものの、クッキーはともかく、貯金箱が取り合いになるかどうかは疑問である。

というか、夕飯前にこの写真を撮っていたのであるが、サンナンが横から「あれ食べたいあれ食べたいクッキー食べたい」としつこくうるさいのだった。「夕飯の後なー」と答えるのであるが、そんな返事関係ないとばかりに「食べたい食べたい」うるさいので代わりに貯金箱を渡すと、とりあえず手に取ってしばらく眺めたものの、5秒後にはそっと遠くに置き、再びクッキーを指さし「あっちだ、あっち」と言い出したのだった。すぐ飽きやがったな、コノヤロー。手作りでちょっと可愛いのに。


チーズ味のお菓子の匂い [コドモ]

23日、今思えば朝からサンナンの調子はイマイチだったらしく、朝ご飯の野菜がなかなか飲み込めず変な感じだった。その後、昼食を食べて昼寝をし、3時のおやつに例のチョコレートケーキを食べたところ、夕方になってチョコケーキ100%の嘔吐。以前に食べ過ぎて吐いたワインみたいなのとはまた異なる味わいで、これがなかなかにクサイのだった。しかも、その始末がようやく終わって匂いも引いてきたかなというタイミングで、2度目の嘔吐。しかも、「嘔吐しながらクシャミ」というスペシャルコンボで、チョコレートムースな吐瀉物がホットカーペット狭しと吹き飛んだのだった。思わずチョウナンが「うわっ」と華麗に飛びのいたのが印象深い。

いわゆる吐き下しの風邪である。いつもの小児科で一応検査してもらったところ、なんとかかんとかというウイルス性の伝染病ではないらしい。当の本人も便が下痢気味である意外は至って普通に生活しており、だからといって牛乳を飲ませるわけにはいかないのであるが、サンナン本人的には「なぜ牛乳を入れてくれんのだ!」と常にお怒りで、なんだか面倒くさいことになっている。誰か下痢について、2歳児にもわかるように説明してあげてくれないだろうか。

そんなわけで、ここ2〜3日ずっと家の中がほのかにゲロくさいのであるが、この間チョウナンが不意に「なんか、チーズ味のお菓子の匂いがする」と呟いていて、それ、明らかにゲロの匂いじゃないのかと思い、それが可笑しくて仕方がない。たくましいなー、コドモって(チョウナンが鈍いだけか?)。


正解は、牛乳でした! [コドモ]

サンナンの最近のお気に入りフレーズは「正解は、○○でした!」である。別に問題を出したわけでも何でもないのに、ただ唐突に目に付いたものを勝手に正解扱いし、ニコニコしながら「正解は、フォークでした!」などとやるのである。より正確には「しぇいかいは、ふぉーくでちた!」である。ちょっと可笑しい。

挙げ句、突然「正解は、おとうさんでした!」と言われたりして、それは一体、どんな問題なのか疑問である。なんか「最近、加齢臭が酷い、意外と自分のコドモには厳しいワガママなおっさんは誰でしょう?」とかいう問題だったらどうしようなどと思うと、ちょっとぞっとするのである。


一足お先に [雑記]

20091223371.jpg

今年は24日も25日も普通に平日で、夕飯時にのんびりしてもいられないので、少し早いがクリスマスケーキを買って食べたのだった。

今年は「チョコレートの丸いケーキ(ただし生クリーム以外)」というリクエストだったので京都駅の伊勢丹で物色するも、売られているケーキのほとんどがオーソドックスな生クリームのものか、ロールケーキを切り株に見立てたやつかのどちらかで、ご期待に添えるケーキは意外に少なく、一通り見て回ったのに結局3つぐらいしか見つからなかったのだった。その中で、値段と大きさが一番我が家にマッチした「Shin」のやつを買って帰る。

見た目の印象から、勝手に「チョコレートのスポンジにパリパリしたチョココーティングがされているガトーショコラ的なもの」とばかり思っていたら、実際はチョコレートムースとチョコクリームとしっとりしたチョコスポンジの3層に生チョコみたいなクリームが塗られているという、非常に柔らかなケーキだった。凄く甘いが、おいしかった。プラス千円出して違うの買おうか迷ったのだが、こっちにして正解だった。コドモたちも「おいしいおいしい」と、チョコで口の周りをカールおじさんみたいにしながらガツガツ食べていたのだった。

その後、サンナンがそのチョコケーキをゲロゲロ吐いたのだったが、それはまた、別の話である。(食べ過ぎではなく、たぶん風邪)


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。