So-net無料ブログ作成

報告する人 [雑記]

携帯を買い換えたことは以前に少し書いたが、その、ほとんど直感で「これなら買い換えても良いかも」と思って機種変更したNOKIAの携帯が、思っていた以上に色々といじれて、普通の国産の携帯からは想像できないほどに自分好みなところまで持って行けるのが楽しい。まあ、「パッと買ってある程度機能が揃っててすぐ使えてデザインもそこそこ」というわけには全然行かないのでそういうのが好みの人にはお勧めできないものの、画面のアイコンとかフォントまでいじろうと思えばいじれるというのは、国産のものだとなかなかないなあと思うのである(しかもほとんど無料で取ってこれる)。

とまあ、そういったことはともかくとして、驚いたのが、日本語入力がかなりうちやすいという事実である。正直、そんなところまで期待はしていなかったのであるが、例えば同じあ行の文字を続けて打つ時なんかが非常に楽なのである。説明するのは面倒なのでしないが、楽。あと、「予測変換」という機能がついていて、まあ大抵の携帯にはついてるような気がするが、これが結構、かしこく、しかも候補の表示欄が広くて使いやすいのである。ただ、たまに「なんだそれは」みたいな予測を次々繰り出してくる時があって、先日も、何かのメールを書いている時に、突如として予測変換候補に「報告します」という意味合いの言葉が大量に現れたので笑ったのだった。しかも、「報告します」、「報告いたします」程度ならまだしも、「報告して」、「報告しまーす」、「報告しま〜す」とあって、それ、何をどう予測してそんな候補を絞ってきたのかがよくわからないのだった。「報告しま〜す」て。いつ使うんだ、そんな文章。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

頭痛とコドモと卒園式 [コドモ]

ようやく、永らく続いていた頭痛が、すっきりと取れた。ようやく、本当にようやくである。こんなに頭痛が続いたことは初めてである。もう、3月始めからずっと頭痛が続いていた。余りにも続いていたので、枕元においてあった「新ブラックジャックによろしく」の1巻が怖くて読めなかったほどである。最初は風邪だった、のだと思う。もっと悪性の強いものだったのかもしれないが、結局病院に行くタイミングを逃したので診察を受けておらず、まあ行けばいいのはわかっているものの、ここまですっきり治ってしまうともう今更行くに行けないのである。何しろ、もうすぐ4月である。ずいぶんと暖かくなってきた。

病院に行かない代わりにネットで頭痛について色々調べていると、「毎年1〜2ヶ月の期間だけ頭痛になる」といったケースも書かれており、もしかしたらそれ(群発頭痛)なのかもしれないと思ったのは、そこに書かれていた頭痛の痛みの感覚が近かったからで、つまり「片方の目の奥から痛みが来る」というものである。私の場合は右目だった。右目の奥で何かがジワジワと痛んでいたのである。ただ、書かれているほどの激しい痛みではないので違うような気もし、だとすれば結局「1〜数ヶ月に1〜2回、周期的にこめかみや眼を中心にうんぬん」というケースに当てはまるので、いわゆる「片頭痛」ということであるらしい。それならそれでもいいのであるが、気になるのは「30歳前後の女性が最も多く」などと書かれているからで、別に30歳前後の男性が「片頭痛」でも別に良いに決まっているのだが、何となく恥ずかしいような、釈然としない気持ちである。

さて。今日は保育園の卒園式があり、コドモは、まだまだ卒園はしないものの在園児として式に出席することになっていたので相方さんが保育園まで送っていったのだった。いつもは朝早起きしてもテレビを見ながら延々とダラダラ過ごし、挙げ句、家、相当近いくせに保育園に着くのはギリギリな遅刻常習犯のコドモなのであるが、今朝は何故かシャキシャキと着替えも終わって時間を持て余し、それで早めに家を出てみたら、あとで聞けば、何でも今日はコドモが一番始めに保育園に着いたのだという。しかも、卒園児の誰よりも早かったというので笑ったのだった。先生たちも「今日に限って何故?」と思っていたに違いないと思う。というか、私でさえもそう思う。

卒園式が終わる頃に、今度は私が迎えに行ったのであるが、まだ式が終わっておらず、保育園の前には保護者が群れを成していた。群れに混じって待っていると、10分ほどして式が終わったらしく先生や子どもたちが現れたのであるが、見ていると、先生たちは軒並み目を赤く腫らしており、どうもみんな号泣していたらしいのだった。中には在園児の子どもの中にも泣いている子がいて、保育園の卒園式でも哀しくて泣けたりするのかと思ったのであるが、まあ確かに先生なんかは、それこそまだハイハイも出来ない頃からずっと面倒を見てきた子どもなんかもいるわけで、そう思えば感慨深くもなるよなあと思うのだった。まあ、コドモのクラスの子どもたちは、まだまだそこまでの思いはよぎっている様子もなくひたすらに楽しげだったのが印象的である。

家に帰ってコドモに「卒園式、面白かった?」と聞くと、「うん、面白かった!」と元気いっぱいに答えられたのであるが、そんな、何か面白かったりするものなのかどうかは疑問である。ただ、「先生とか、泣いてなかった?」とコドモに尋ねると、「先生とか、なんか、汗かいたはった」と答えたのが、ちょっと面白かった。そうか、汗かあ。まあ、「涙は心の汗(by 中村雅俊)」だからなあ。4歳児に「心の汗」とか言われるのも、まあ、何なんだが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

近況報告 [雑記]

随分と更新が滞っており、ごく一部のかたにはご心配いただいているかもしれず、また一部の方には「死んだんじゃないか」と思われているかもしれず、また一部の方には「都知事選にでも出るんじゃないか」などと、まあないとは思うものの「絶対ないか? 誰か思ってたら死ぬか?」と言われたら、まあ「絶対思われていない」とは言い切れないので「思っている人がいるかもしれません」と渋々答える私ではあって、申し訳ない思いである。私の体調の方は、おかげさまで、夕方になってもひどい頭痛は起こらない程度にまでは回復。地味に頭痛(鈍痛)があったりなかったりする今日この頃である。とはいえ、この祝日も、少し仕事を家に持ち帰ってしまったりして、相変わらずである。というか、今晩急にまたアカゴの方が高熱を出してうなされている。もうきっと、暖かくなるまで我が家に健康な日々は訪れないのだと思う。

そういったわけですので、隙あらば更新しようと思いつつ、今日のところはここまで。

あ、タイトルに「日和」つけるの、やめました。なんか面倒になりました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

リハビリ [雑記]

本格的に寝込んでいました。歳を取りたくないとは思うものの、歳というのはどうしたって平等にやってくるらしく、二十歳の頃なら一日寝て起きたら治ってたぐらいの勢いだった風邪も、ちょっとやそっとじゃ治ってくれない歳になってしまったらしい。というか、結局病院に行くタイミングを逃したので行っていないまま今日、こうして日記を更新できるまでに回復したものの、もしかしたらただの風邪ではなくてインフルだとかエンザだとかいった類の、AとかBとかいう方面の病気だったのかもしれず、だったとしたら、何だかんだで月曜しか休まなかった会社に菌が飛び散っているやもしれず(マスクはしてましたが)、申し訳ないことをしたのかもしれない。ただ、そんな常に微熱、定時頃にはフラフラでいてもたってもいられない体調でありながらもなかなかに仕事を休めない状況であったことは確かで、「ウィルスまき散らしやがって」と言われれば「そんな人間を働かせやがって」と答えるだけの言い分はこちらにある。で、体調が悪いと普段色々と気にはなりながらも穏便に過ごしている様々な人々の様々な一挙手一投足がいちいちイライラして、こう、何とも言えず腹立たしい気持ちを抱えつつ仕事をしていたのだった。特にニオイ関係はきつく、というのも、職場でたまに、こっちが吐いてしまいそうな匂いを体から噴出している人がいたのである。体調が悪い時にあのニオイはダメだと思った。言わなかったけど。というか、言うほどの元気もなかったのである。

今回の体調不良で知ったのは、「鼻うがい」が意外と出来るということである。というのも、先日アキオさんとケイコさんが沖縄へ旅行に行っており、そのお土産として「雪塩」という石垣名物の、ミネラル分が豊富なサラサラの塩をもらったのであるが、今回、それを使って鼻うがいにチャレンジしてみると、これが結構簡単にできて、しかも全然痛くもなんともなく、むしろ気持ちいいぐらいだったのである。それで、調子に乗って何度もやっていたら、後で知ったのであるが、どうもやり過ぎもよくないらしい。というか、塩を入れすぎると、逆に乾燥して炎症が治らなくなるのだというので焦ったのだった。一日1回ぐらいで丁度良いらしい。

それで、調子に乗って「鼻うがい」をしているときに相方さんに言われた一言が「器用やな。ほっしゃんみたい」で、笑ったのだった。誰も「うどん吸い込める」とは言ってない。というか、できない。一緒にしないで欲しいと思う。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

病床日和 [雑記]

で、結局私が寝込んでしまったわけなのだった。すいません。もうちょっと安静にしてます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一言日和 [雑記]

更新が空いてしまったのにはいくつかの理由があって、どの理由についてもここで何かしら書いておきたい衝動に駆られる事なのであるが、それについてはおいおい書いていくことにして、今日は時間も時間なので寝ることに、させてください。

それで終わるのも素っ気ないので簡単に書けば、まず一つは、携帯を買い換えたのだった。で、買い換えたNOKIAの705NKが、これがもうもっすご面白くて、ネットで色々調べていると何やら色々と見つかるので、それをせこせこ試したりしながらも、片手には何故かルービックキューブを握りしめ、ネットで攻略法サイトを見つつカシャカシャ動かす日々である。もっと言えば近々読む予定の、或いはもう読んだ漫画が足元に数冊あったりして、土日は土日で実家(田舎)に帰って近所(やっぱり田舎)を散歩したりして、まあ、色々あったわけなのであるが、どれも、詳しくはまた後日である。

決して更新がないからといって、ゴマコが大変なことになっているわけではないので、あしからず。ゴマコが出てくるのは、4月後半。もう2ヶ月を切っている。産まれたら、こんな自由な時間はしばらくなくなるのである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

棍棒日和 [コドモ]

昨日、アカゴを私がお風呂に入れて頭と体を洗ってやり、しばらく一緒に湯船に浸かってから、コップにお湯を入れて遊んでいるアカゴをそのままに、相方さんと交代しようとお風呂をあがったのであるが、その後服を脱いだ相方さんがドアを開けた瞬間に「ギャー」と叫んだので何事かと思えば、アカゴが湯船でうんちをしていたのだった。

一時期アカゴはお風呂に入れる度にうんちをしていたことがあり、ひどい時には三日連続やられたこともあったりしたのであるが、それも、今調べたらちょうど去年の2月頃の話(「三日連続日和」や「発射日和」辺りを参照)で、なんだろう、アカゴには、2月になるとお風呂でうんちをしたくなるシステムでも搭載されているのだろうか。私や相方さんのあずかり知らないうちに、人の子どもに勝手なことをしないで欲しいと思う。

それでも、最後に湯船でうんちをしてからもうかれこれ1年経っており、さすがにアカゴも成長したなあと思うのは、以前なら湯船で黙ってうんちをしておいて素知らぬフリだったのが、今回のアカゴは少し違って、自分の出したこん棒状のうんちを片手でリレーのバトンかのようにしっかりと握り、タイミングよく現れた相方さんに「はいっ」と渡したのである。湯船に浮かんできたうんちを掴み、相手に呼びかけ、手に持ったものを渡す。どれも1年前にはロクに出来なかったことであって、それを思えば随分と成長しているなあと思う。ただまあ、うんち渡された方は「絶叫」なわけであるが。

というか、もうちょっと違う方法で成長を確認させてもらえやしないのだろうか。そもそも、湯船でうんち渡された時点で、それ、実は「全然成長していない」のかもしれないし。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。