So-net無料ブログ作成
検索選択

畳日和 [マンガ]

そもそも中古物件として我が家を購入した時点で、1階の和室は畳を張り替えたばかりのような綺麗な色だったのに比べ、2階の八畳+六畳はかなりのやさぐれた茶色で、既にボロボロと穴が空いている箇所も見受けられるほどに古びており、ここ最近では、コドモの服などを畳の上に置いておくと、気が付けば畳のい草の細かいクズのようなものが容赦なくくっついて困るような事態となったため、たまたま見かけた地元の広報誌に畳屋の広告が載っていたこともあり、思い切って「表替え」ということをしてもらうことにしたのだった。

で、それがまあ、今日一日で14畳分を替えてくれたのであり、私が会社に行って夜帰ってくると、もう、凄いとしか伝えようがないぐらいに素晴らしく畳が新調されていたのだった。新調とはいっても「表替え」というのは、畳の表面部分だけを張り替えることであって、畳自体を新しくしたわけではないのだが、にしても、い草の良い匂いが部屋中を漂い、その癒し効果たるや、コドモが、何だかよくわからないながらも嬉しくて、はしゃいで寝付けないほどなのだった。値段のことは書かないが、これであの値段は、まあ割と良い感じなのではないだろうか。

全く話しを替えて申し訳ないが、今日の「ほぼ日」にて、「おおきく振りかぶって」という野球漫画が紹介されている。ここしばらく、この日記で漫画のことに触れることがなかったわけであり、最後に書いたのが「トニーたけざきのガンダム漫画」で、じゃあそれ以降何も読んでいないのかというと全くそんなことはなく、むしろそれ以降に出会った数々の漫画たちについて紹介する機会がなかったことを残念に思うわけであるが、この「おおきく振りかぶって」という作品についても、紹介しなかったことを残念に思うタイプの、今更私がどうこう言うこともないくらいに、とにかく良い作品なのだった。

野球漫画と言っても、魔球が出てくるわけでもなく、やけにキャラの立った大男が出てくるわけでもなく、恋愛と絡めて描くわけでもなく、或いは野球という名目で殺し合いをしたりするわけでもなく、まあ、そんな作品は後にも先にも「アストロ球団」だけなわけだが、そういった野球漫画たちとは一線を画す、様々な人間を描きつつ、「野球の面白さ」を爽やか、かつ純粋に描いた作品である。しかも、高校野球である。青いんじゃないかと言われれば、そうでもないような気がする。派手かと言われれば、うーん、地味かもしれない。でも、野球本来の面白さがきちんと表現されている、希有な作品ではないかと思うのである。というか、結構みんなそう思っているのであって、だからこそ、この作品が既に多くの漫画読みの間で高い評価を受けているのである。うまく説明できないが、まあ、騙されたと思って読んでみるのが吉。単行本も今なら3巻なので、余裕で追いつけるはずである。是非。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アイペ日和 [雑記]

アカゴの頭頂の、柔らかくてホヤホヤしている髪の毛をアゴにすりすりして気持ちよがることを、「アイペ」と言う。コドモがそう言って聞かないので、ここに動かぬ証拠として書き記しておく次第である。

「しかしまあ、それ本当かよ」と試しにネットで検索してみると、出てくるのは、何やら種々様々な人形、というか、ドールと呼ぶらしいものたちの写真と、それに伴う「思わず一目惚れした魅惑のアイペ」、「いつ拝見してもアイペが素晴らしくて」といったコメントたちばかりである。栃木自転車屋「アイペ」以外は、概ねそういったサイトなのだった。どうやら、平たく言えば「人形に目を描くこと」を「アイペ」と呼ぶらしいのであって、アカゴの髪の毛をホヤホヤと気持ちよがることを「アイペ」などとは誰も呼んでいないようなのだった。さすが我がコドモ、言ってることが適当である。まあ、本当だったら、それはそれでちょっとどうかと思うわけであるが。

そんなことであるので、本来の意味での「アイペ」を期待して検索し、ネットを彷徨って辿り着いてしまった皆さん、どうもすみません。

あと、栃木の自転車屋「アイペ」を探して辿り着いた皆さん、電話番号や住所は、こちらのページに載っていますので、どうぞご利用下さい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

マウスクリック日和 [コドモ]

昨夜の爆睡のおかげで風邪は小ましになったものの、まだまだ体がほのだるいまま朝を迎える。それで、9時から仕事なので、約10分前に自転車で出勤する。会社が近くて良かったと思う瞬間である。

会社での作業は思いの外順調に進み、途中、運用中のシステムに強引な手段を講じるなどしつつ、予定より早い午後3時過ぎに作業を完了させて帰宅すると、コドモがちょうど昼寝から目覚めたところだった。

それで、コドモとアンパンマンアニメを見たり、インターネットうるまでるびさんのショートアニメを見たりしながら過ごしていたわけであるが、それで思い出したが、うるまでるびさんのアニメやアンパンマンのホームページなどを見せているうちに、すっかりコドモがマウスの概念を理解したらしく、勝手にマウスを動かして見たいアニメをクリックしたり、アンパンマンのホームページで神経衰弱のゲームをするようになったのだった。まだ2歳半のコドモが、である。私が2歳半の頃なんて、マウスはおろか、パソコンのパの字も見あたらない、もっと言えばテレビリモコンも見あたらないくらいの、下手すれば白黒テレビがまだ家にあったような勢いなのであって、そう考えると、コドモがこれからどうなっていくのか、末恐ろしいものがあるのだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

生命の神秘日和 [雑記]

風邪のため、咳と鼻水が激しい「鼻田ジュル男・30歳」の状態で仕事をしていると、ふとした瞬間に、これまで暫定措置だった明日土曜日の休日出勤が、しれーっと本決まりになっていたのだった。

帰宅後、夕飯を食べ、お風呂に入り、いつものようにコドモを寝かしつけているつもりが、気付けば爆睡。結婚して子供が出来たりした場合にドラマなどでよく使われる恥ずかしいセリフの一つに、「もう、あなただけの体じゃないのよ」というのがあり、今の私はつまりそういう状態なのだろうとは思うが、とはいえ、私自分の意志や欲求とは無関係に、体調管理を自主的にし始めた私の身体に対し、並々ならぬ生命維持への意気込みを感じる今日この頃である。生命の神秘である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

誕生日日和 [雑記]

今日でとうとう、30歳になった。あと12年で厄年である。その時、コドモは14歳と12歳で、そう思うと一気に老け込むような気さえするのだった。コドモの頃、30歳なんてのは雲の上のおっさんだったはずなのだが、それがもう今や、自分が30歳なのである。そりゃまあ、腹も出るわけである。

そんなことで、朝から姉や友人からしきりに「三十路おめでとう」という内容のメールが届き、みんな何故そんなに私の誕生日を覚えているのか不思議なくらいなのであるが、最後に届いたケイコさん(実母)からのメールは、「すっかり忘れてたけど姉に聞いて思い出した」というもので笑った。というか、母親から誕生日に連絡があったのなんて、もう何年かぶりの話なのであるが、これ、メールだから送ってきたのであって、電話や手紙だったら絶対何の連絡もなかったのではないかと思え、そういう意味では、携帯電話の復旧というのは、様々な人間関係におけるコミュニケーションの円滑化に貢献しているのだと思う。

そんなことで、今日の夕飯はバースデーカレーだった。今、ふと思い出したのだが、そう言えば去年のクリスマスの時、夕飯はクリスマスカレーだったのであり、いつの間にか我が家は、イベントの日はカレーという習慣が根付いてきているような気がするのだった。相方さんの陰謀だろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ニュース日和 [ニュース]

昨日付けで気になるニュースを2件。

グーグル、テレビ番組検索サービス「Google Video」のベータ版を発表 -CNET Japan

以前から気にはしていて、一度日記にも取り上げたことがあるビデオ検索」であるが、グーグルでは「テレビ番組」という切り口でサービスをスタートしたようである。

例えば、「インドネシアの津波」と入力して検索すると、その話題が取り上げられた番組の該当部分がテキスト形式で、映像の静止画像とともに表示される。

ということであり、これは前回の日記で書いた「誰かが『メスブタ』と言っている映像」や、「『脱脂綿』という単語を連呼する映像」の検索が実現するということである。時代の波は、速くて高い。

ここまで来れば、次は、例えば「画面の端にちょっとだけ灯台が映っているドキュメンタリー」とか、「宇津井健が、何かちょっと微妙な役で出ているドラマ」とか、もっと言えば「何か、ふがふがした映像」みたいな、何とも非常にあいまいな、何だろう、映像の醸し出す雰囲気みたいなものでも検索できるという、「映像あいまい検索」みたいなことが可能になってくるのではないだろうかと踏んでいる私であるが、どうだろうか。

気になるニュース、もう1件はこちらである。

「それがPSPの仕様だ」、久多良木SCE社長がゲーム機不具合騒動を一蹴 -nikkeibp.jp

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が昨年末に発売した、プレイステーション携帯版・PSP。発売直後からしばらく品薄状態が続いているそうであるが、それと同時に、その初期ロットにおける不具合率の高さも、結構な問題となっているのだった。

品薄の次に話題になったのが、PSPに各種の不具合があるとの指摘だった。インターネット上では、内容の真偽は別としてPSPの不具合に関するサイトが数多くある。一部週刊誌も取り上げた。

で、具体的にどんな不具合があるのかというと、私も持っているわけではないので引用ばかりになって申し訳ないが、何でも

液晶画面の右側にある4つの操作ボタンのうち画面に近い左側のボタンを押してもゲームの主人公が動かない時がある。

とか、或いは

最初はボタンを押せても、やがてボタンがゲーム機に埋もれて元に戻らなくなることもある。

とかいうことであるらしい。「ゲーム機に埋もれて元に戻らなくなる」というのが、どうしても「ゲーム機がなみなみと入ったプール」みたいなもので泳ぐ金持ちのバカ息子を想像してしまい、そのくだらない想像力に愕然とするのだった。

で、それらの不具合に対してのSCEの見解は、まず、ボタン元に戻らなくなることについては不具合という認識を持ち、既に原因も突き止めて解消済みなのだそうだが、一方、

ボタンを押しても画面が時に反応しない点に関してはSCEは不具合ではないと説明する。ボタンの位置は左右対称なのに、本体内部でボタンが押されたことを検知する部分の位置は非対称だ。結果、問題が指摘されるボタンだけは、他のボタンのように真下に検知部分がない。この点が画面が反応しないことがある原因ではないか。

で、それに対しての久多良木社長の説明は以下の通りである。

「使用する液晶画面はこれ以上小さくしたくないし、PSP本体もこれ以上大きくしたくなかった。ボタン位置も狙ったもの。それが仕様。これは僕が作ったもので、そういう仕様にしている。明確な意思を持っているのであって、間違ったわけではない」

「ボタンを押しても画面が反応しない」という仕様は、ゲーム機としてはかなり画期的であると思う。凄いな、それ。そこまで行くなら、いっそ、ボタンと動きの関係性がきわめて薄弱な、思春期の少年とそのオカンみたいなゲームがあっても面白いのかもしれないと思う。

というか、本気か、久多良木社長。そして、何て読むのよ、久多良木社長。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

会釈日和 [雑記]

会社から帰ってきて玄関の鍵を開けていると、近くの家からそこの娘さんらしき女性が、海外旅行にでも行くかのような大きさのトランクをガラガラ転がしながら出てこられたので軽く会釈したのだったが、それを見て会釈し返してきたその女性の、「あら、ちょっと意外ね」みたいな顔を、今、何度も思い返しているわけなのであるが、どう思い出してもその女性は、どうやらその家の娘さんではないような気がしているのだった。

そりゃ確かに、見ず知らずのおっさんに軽く会釈されたら、ちょっと意外どころか、軽く気持ち悪いぐらいの勢いである。申し訳ないことをした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

7キロ日和 [雑記]

ダイエッターになって早2週間余りではあるが、意外と徐々に成果が出始めており、ちょっと本気で体重を減らす気になっている私なのであるが、相方さんに、ちゃんと痩せてきているように見えるか確認したところ、全くわからないと言われたのだった。というか、相方さん曰く「7キロぐらい痩せないと、他人が見て痩せたようには見えないが、太った時は、2〜3キロですぐバレる」のだそうだ。なるほど、わからない話ではない。

ちなみに最近、年明けに始めた「間食を、余りしない」というコドモダイエットに加え、「ご飯をよく噛んで食べる」、「仕事中に飴をなめない」の2点をダイエットレパートリーに加えたのだった。加えた2つもやっぱりコドモダイエットではあるのだが、眠気覚ましとして毎日袋半分ずつぐらいを一気に舐め狂っていた日々を思うと、もしかして「仕事中に飴をなめない」だけで結構な痩せが期待できたりするのかもしれないと思う。あと、「ご飯をよく噛んで食べる」というのは、別に何処で得た知識というわけでもないのだが、何となく、そんなことくらいで痩せたら良いなあという願望であるとともに、意外に効果がありそうな所が良いなあと思っているのだが、これ、効果あるのだろうか。


コドモの絵日和 [コドモ]

コドモが救急車を書いたらしいのだが、なかなかに自由な発想で描いていて、というか、どう見てもなまこに毛が生えたとしか思えないのだった。

それでも、以前、保育園から父の日にもらった「どう見ても鼻毛にしか見えないのだが、たぶん父親」の絵からすれば、随分な上達具合であると思う。

たぶん父親


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

いっつもいっつも日和 [コドモ]

コドモが「なんで?」という単語を覚えた。おかげで、何でもかんでも「なんで?」と聞いてくるので非常に面倒である。「お箸、なんで2本なの?」から始まり、「なんでお風呂入るの?」だの、「なんで靴履くの?」だの、「なんで電気消すの?」だの、いちいちうるさいのだったが、逆にコドモに「なんで?」と聞いても「・・・うん」などと煮え切らない返事しかしないのであって、じゃあこっちもそうとしか答えないことにしたらどうかとも思ったのだったが、それはそれで大人げないので、一応答えられる範囲では答えておこうかとも思うのだった。答えられない範囲は、「口からでまかせ」で、節度ある嘘をつく覚悟である。

コドモが「なんで?」という単語を覚えたのは、まず間違いなく、トイレから出てくるたびに、風邪をひいているくせにパンツもズボンも履かずフルチンのままダラダラ過ごして、私や相方さんに「なんで、すぐパンツとズボン履かないのか」と怒られているからなのであるが、それと同時に「いっつもいっつも、なんで怒られるまで履かないの」とかいうことも言っていたら、「いっつもいっつも」という単語も覚えたらしく、今日、夕飯を食べている最中に言った言葉は、こうだった。

「いっつもいっつも、フォーク

笑った。というか、その時使っていたのは間違いなくスプーンで、その時点で間違っているような気もするのではあるが、いつもフォークなので今日はスプーンを使っているという解釈もでき、となるとフォークを使うのがそんなにイヤだったのかとか、色々想像を膨らませて考えると、これはなかなかに何とも味わい深いセリフであると思う。オトナは絶対思いつかないセリフである。

そういえば「絶対」という単語もどこからか覚えてきたらしく、この間、パンツが脱げない時に「パンツ脱げない、ぜったい」とか言っていたのだったが、「絶対脱げないパンツ」って、相当イヤだと思う。というか、そんなパンツを履かせた覚えはない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。