So-net無料ブログ作成

ワイドテレビ日和 [テレビ]

実家に帰ると、居間のテレビが液晶ワイドになっていて驚いたのだが、何に驚いたかって、ワイドテレビって、ワイドサイズで放送している映像はともかくとして、未だ大多数をしめる普通の4:3サイズの映像を、どうやら単純に横に伸ばして映しているらしいのである。正確に言えば、「設定によって、そうなる」という話ではあるのであるが、そもそも標準設定は「横伸ばし」であり、画面の焼き付きの問題でメーカーは「横伸ばし」を推奨しているらしく、実家のものも当然のように「横伸ばし」で設定されており、というか、アキオさん(実父)に至っては横に伸びていることすら全く気付いておらず、その辺、「何か、うまいこと調整しているはず」と思い込んでいたフシがあり、どちらかといえばそっちの方に驚いた私である。

おかげで出てくる人出てくる人みんな若干ワイドに小太りで、これ、本当にみんな気になってないのだろうかと不安である。こんな映像見てたら、絶対何かどこかしらに支障をきたすのではないだろうかとすら思うのであり、これを見て、絶対ワイドは買わないでおこうと思った次第である。映画のDVDをメインで見るなら話は別であるが、個人的にはほとんど映画は見ないのであって、そうであれば、不用意に細木数子や天童よしみが年末にワイドで小太って出てくるテレビというのは、やはり勘弁してもらいたい私なのである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

バルサン日和 [雑記]

昨日まで仕事で、今日はもう実家に帰らねばならないという過密スケジュールのサラリーマンであるので、今年は掃除らしい掃除を一切しないという清々しい状態で帰省することになった。中途半端にちょっとだけ掃除するよりは、いっそ何もしないまま新年を迎えるのも良いのではないかと思う。というか、新年迎えた所でしばらく家にはいないのであって、そういう意味では全然気にならない私である。

おかげで、確か夏頃だったかに換気扇が汚れすぎて一瞬まわらなくなった時があり、そういえば引っ越してから一度も掃除していないことに気付いたので年末の大掃除できれいにしてやろうとたくらんでいたりもしたのであるが、それもしないままであり、換気扇まわりは、たまったホコリが油を吸って固まっているというひどい状態になっているのだった。

CMなどでよく、換気扇を「つけておくだけでこんなにキレイに」みたいな洗剤をよく見かけ、簡単そうに見えるのは見えるのであるが、個人的には、そもそも換気扇をはずすこと自体が相当に面倒であるので、いっそ換気扇をはずさずに、換気扇を回して、そこを煙が通るだけでキレイになってくれるような魔法の煙、例えばバルサンみたいなものがあれば良いと思うのであるが、そういったことはできないものなのだろうか。

というか、バルサンでそういう効果は期待できないのだろうか。換気扇洗浄効果付きバルサン。ゴキブリが死んで、ついでに換気扇がキレイになるバルサン。ついでってこともないが。或いは、ゴキブリに催眠術をかけ、換気扇を掃除させてから殺すバルサンはどうかとも思うが、書いておいてなんだが、ゴキブリに掃除された換気扇というのも相当にイヤであり、そんな台所でご飯を食べたくない私である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

年末年始のお知らせ [業務連絡]

毎度ご覧頂き、ありがとうございます。

年内の更新は、ここまでです。年明けは、3日くらいより、30日分の日記から更新を再開する予定でございます。

今年一年、本当にありがとうございました。来年も、どうぞよろしくお願い致します。

年の最後に、はじめて真面目な挨拶をお送り致しました。それでは、よいお年を。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やまのおんがくか日和 [音楽]

うたううあ (CCCD)

この時期になるとさすがに今年を振り返る的な話題が必然的に多くなってくるわけであるが、私が今年買った中でのベストCDは、間違いなく「うたううあ」である。今年、グッドデザイン賞の大賞を受賞した「ドレミノテレビ」にて放送されている、「UA」が「ううあ」として童謡を歌いまくっているCDである。

というか、そもそもあまりCD自体を買っていないのであって、買ったとしても、コドモと一緒の時にはコドモに「うたううあ」しか聴かせてもらえないのであって、それもお気に入りの「やまのおんがくか」ばかりを何度もリピートさせられるわけであって、もはや選択の余地もなく今年のベストCDは「うたううあ」なのである。

「やまのおんがくか」というのは「わたしゃおんがくか やまのこりす」というやつで、バイオリンを「キュキュキュッキュッキュ」と鳴らしたり、フルートを「ピピピッピッピ」と鳴らしたり、太鼓を「ポコポンポンポン」と叩いたりする可愛らしい曲である。保育園でもらった絵本がこの曲の歌詞で、しかも楽器を鳴らす部分は動物の絵をパタパタ動かして遊べるようになっており、それがかなりお気に召したらしいコドモなのだった。

以来、CDを聴いていても隙さえあれば「もう1回」とこの曲ばかりしつこくおねだりしてくるので、この間めんどくさくなってCDを1曲リピートで延々流してみたら、そのうち飽きるかと思ったら全然飽きずに30分とか平気で聴いていて、ちょっとどうかと思うほどなのだった。もう、そのうち「『やまのおんがくか』になりたい」とか言い出しそうな勢いである。なられても困るのである。

そういえば保育園でコドモがこの曲を覚えてきた当初、コドモが私や相方さんに「『ピピピッピッピ』やな」などと関西弁丸出しで嬉しそうに言ってくるのが可愛らしかったのであるが、その数日後に聞いてみると、「『ポコポンポンポン』やな」と言っていたのがいつの間にか「『ポコーン』やな」に省略されていて笑ったのだった。何だ、「ポコーン」て。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ナターシャ日和 [ニュース]

ナターシャ・リオン、犬を脅して逮捕 ーFLiX 2004/23/28 11:02

ナターシャ・リオンという女優が、同じアパートに住んでいる人の飼い犬を脅して逮捕されたそうである。

リオンは3階に住む住人の家に押し入り、飼い犬をわしづかみにして脅したという。

「犬をわしづかみ」て。

犬をわしづかんで逮捕って、日本ではあり得ない話であるような気がし、というか、そもそも日本人で、それも女性で犬をわしづかめる人というのは恐らくそうはいないのであって、そういう意味ではアメリカらしい、スケールの大きなニュースであると思う。まあ、そんな所でスケールが大きかろうが、どうでもいいわけではあるが。

個人的には、ナターシャの顔が、いかにも犬をわしづかみそうな「犬わしづかみ顔」であるのも凄いと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

アップルパイ日和 [雑記]

最近発売になったらしいハーゲンダッツのアップルパイ味が、何だか怖いぐらいにアップルパイの味で、衝撃的である。少し前に初めて口にしたエスプレッソ味も、シナモンテイストがもの凄くてクセになりそうなほどにおいしかったわけではあるが、今回は、個人的にはそれを軽く凌駕するほどなのだった。というか、下手なアップルパイよりも絶対においしいと思う。

下手なアップルパイというのは、例えば、砂糖と塩を間違ったり、グラムとキログラムを間違えたりしながら志茂田景樹がピンクのタイツで作ったような、とてもじゃないが美味しそうには見えないアップルパイということである。「ピンクのタイツで作った」と書くと、まるでピンクのタイツを卵と混ぜて作ったかのようであるが、さすがにそれは言い過ぎである。というか、それはアップルパイではなくて、どうあがいてもピンクのタイツであると思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

変な動き日和 [コドモ]

最近、コドモが、疲れたり眠くなったりしてきて体がフラフラになってきた時などにする仕草が、どうもおかしい。

千鳥足のままフィギュアスケートのように体をくるりと回転させ、腕をよくわからない方向に伸ばしてポーズを決めるその様は、相方さん曰く「酔拳みたい」な挙動なのであるが、「酔拳」と言えば格好はいいが、本当のところは、どちらかと言えば「江頭」の動きである。コドモとはいえ、「江頭」はまずいだろう。このままオトナになったとして、職場で江頭の動きをする先輩はどう考えても尊敬できないのであって、会社にとってもある意味信用問題に関わることであるので今のうちに何とかしたいとは思うものの、これ、何と注意していいかもよくわからないので困っているのである。「その、江頭みたいな動き、やめなさい」と言った所で伝わるわけもないだろうと思うが、もしかしたら、「その、全身タイツが似合いそうな動き、やめなさい」と言えば伝わるのだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

クリオネ日和 [雑記]

昨日の夕飯は、クリスマスイブだったのでクリスマスカレーだった。その後デザートにクリスマスプリンを食べた後はコドモとクリスマス風呂に入り、コドモにクリスマス絵本を読み聞かせながら寝かしつけ、相方さんとクリスマスドラクエをして過ごしたのだった。今日はクリスマスなので、夕飯はクリスマス鍋を食べる予定である。

ケーキだけが「クリスマスケーキ」と称されるのもどうかと思ったのであらゆるものに「クリスマス」とつけてみたわけであるが、そういう意味で言えば、昨日のコドモは「クリスマスコドモ」なのだった。相方さんは「クリスマス奥さん」であり、或いは「クリスマス嫁」であり、略して「クリよめ」なのだった。というか、もう、「クリオネ」だった。冷たい海をプカプカ漂う、体が半透明で内臓が赤くて、頭から気持ち悪いくらいに触手を伸ばして獲物を捕らえる体長2〜3cmの生き物だった。赤い色というのが、ほのかにクリスマスっぽさを醸し出していて良い感じで、可愛い相方さんなのだった。

というような文章を、相方さんもコドモもアカゴもみんな揃って昼寝している夕方に書くには書いたのだったが、ちょうど更新しようかというタイミングでコドモが起き出したので、更新はできなかった。今思えば、更新できなくてよかったと思う。なんだ、このくだらなさは。

これだけで終わるのは、あんまりな気がするのでクリスマスらしい話題を書くが、昼寝の前にコドモと二人でジャスコに行っていたのだが、そこで、コドモと保育園で同じクラスの親子連れと出会ったのだった。コドモと同い年の男の子と、もうすぐ小学生ぐらいの年の姉と、両親の4人である。それで、その姉が「今日夜にサンタさんが来てプレゼントもらえるんだよ」みたいなことを私に教えてくれ、教えられても私がもらえるわけではないので困るのであるが、一応、笑顔で「そうか。そりゃ良かったねえ」などとオトナな対応をしておいたのだった。小学生に入る前となると、まだまだサンタが来てくれるのを信じているらしいわけであるが、「サンタがくれるプレゼントを、今、ジャスコに両親と買いに来ている」という不思議には気付いていないというのが微笑ましいと思った次第である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

掃いて捨てる日和 [雑記]

「掃いて捨てるほど」という慣用句がある。クリスマスイブに、その日を毎年一人で過ごす38歳OLが一人、部屋でビールを飲みながら「オトコなんて掃いて捨てるほどいるわよ、バカヤロー!」と叫ぶなど、「バカみたいにたくさん」みたいな意味合いで使うわけなのであるが、今日何故か会社から帰る途中に気付いたのだが、私はこれまで、何となく「掃いて捨てる」ではなく「吐いて捨てる」だとばかり思っていたのだった。何しろ吐いたものなのだから相当に汚いのであって、そういったネガティブな意味合いも含めて使うのだろうとばかり思っていた。

よくよく考えてみれば、「吐いて捨てる」ということは、何だろう、一回口の中に入れてから吐くわけであって、ということは、一旦口の中に入れて、何なら飲み込んで、人間ポンプの人みたいにお腹を「よっほっ」とか言いながらポンポン叩き、ひょっとこみたいな顔をして吐き出す、そして、吐いたものを捨てるという、なかなかに面倒なプロセスを踏む必要があるわけであるので、それ、意外とそんなに数をこなせないのではないだろうかと思う。そうなってくると、「吐いて捨てるほど」というのはつまり、「吐いて捨てるほどしかいない」という意味合いになるのではないか。「掃いて捨てる」とは、真逆である。

もっと言えば、吐いたものを掃いて捨てる場合も考えられる。「吐いて掃いて捨てるほど」である。これは、多いのか少ないのか。さらに言えば、吐いたものを、パンツを履いてから掃いて捨てる場合も考えられ、つまりは「吐いて履いて掃いて捨てるほど」である。ここまで来れば、多いとか少ないとか以前に「よくわからないが、多そう」という意味合いになってくるようにも思われ、なかなか面白いものがあるのだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

THE BIG ISSUE日和 [雑記]

いつも見かけるたびに気にはなっていたのだったが、なかなか買うタイミングがつかめずにいた「THE BIG ISSUE」であるが、今日コドモと京都駅前を歩いていた時に見かけた最新号の表紙がミッフィーで、思わず脊髄反射で買ってしまったのだった。

知らない人のために説明すると、「THE BIG ISSUE」というのは、ホームレスの人のみが販売責任者となって売ることのできる雑誌である。とはいえ、別にホームレスの人が作った雑誌というわけではなく、或いはホームレスのチャリティでもなく、ホームレスの人に仕事を与えて社会復帰を促すという趣旨の雑誌である。編集方針としても、雑誌として楽しめるものにしようという心意気が見え隠れして、普通に面白い。たぶん、ホットペッパーよりは読み応えがあると思う。

表紙がミッフィーなだけあって、当然中身にはディック・ブルーナのインタビューなどがあり、ブルーナが

ミッフィーがホームレスになることは今のところないと思う

と言ったとかいう記事が載っていて興味深かったりしたのではあるが、その他に「希望カルタ」というコーナーがあり、読者やスタッフが、50音それぞれで始まる「希望について語られた言葉」を集めたものがずらりと並んでいたわけなのだったが、その中の「る」で始まる希望の言葉が

♪ルルルルルル 今日もいい天気 (サザエさん)

で、笑った。というか、別にそれ、サザエさんが言ったわけではないと思う。

まあ、「♪ルールールルルー (由紀さおり)」じゃなくてよかったと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。