So-net無料ブログ作成
検索選択

鶴ちゃん日和 [雑記]

苗字や名前に「鶴」という漢字が付く人が会社や取引先の営業なんかにいるのだが、そういう人たちは決まって「鶴ちゃん」と呼ばれ、それだけで、何というか、人当たりがよさそうな印象を受け、羨ましく思う。とはいえ、「おでんが熱い」ということを芸にしてしまった「鶴ちゃん」は、我が家ではすこぶる評判が悪いのだが、その件は書き出すと長くなるので、また別の機会に。

そういった「鶴ちゃん」たちは、おでんが熱い「鶴ちゃん」も含めて、何とも言えず「鶴ちゃん顔」であるのが不思議である。「『鶴ちゃん顔』って何だよ」と言われるかもしれないが、「鶴ちゃん顔」というのは、「いかにも『鶴ちゃん』な顔」のことである。それ以上でも、それ以下でもなく、ただただ「鶴ちゃん顔」である。あの、鶴ちゃん然とした顔が、とりわけ最近気になりだして、不思議でならない私である。

余談であるが、笑福亭鶴瓶という人がいるが、あれは「鶴ちゃん顔」というよりは「鶴瓶顔」であると思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

台風日和 [ニュース]

今年日本に上陸する台風は、今回の21号で8個目なのだそうだ。京都は比較的台風の被害に対しては無縁であり、そんなことよりは我が家の押し入れで発生している雨漏りの方が問題だったり、あと、台風が去ってしばらくしてからスカパーのアンテナが微妙にズレていることに気付いて焦ったぐらいのもので、何とも呑気なものである。

それで思い出したが、スカパーのアンテナの微妙なズレを治していた際、画面で受信レベルを確認しながら角度を合わせるわけなのだが、何度やっても受信レベルは高い割に画面が一向に映る気配が無く、どうにも困った挙げ句にインターネットで適当に検索してみたところ、「それはおそらく、全く関係ない電波を受信しています」ということらしく、もう少しずらせば上手くいくというので試してみると、見事に上手く受信できたのだった。インターネットを辞書的に扱うことはよくあるが、今回のケースで言えば、これはもう辞書ではなく、取扱説明書である。そして、その「全く関係ない電波」が一体何なのかも相当に気になるところである。

台風の話に戻るが、台風が来るということに対して明らかにはしゃいでいるオトコが会社にいて、しかも私の向かいの席にいて、何とも腹立たしく思う私である。そんなにはしゃぐ奴もいないだろうと思うかもしれないが、現にオトコは、会議の休憩中、誰も聞いちゃいないというのに「そういえば台風はどうなったかなあ」と、あからさまに大きな声の独り言をつぶやきながら携帯で台風情報をチェックし、「まだ○○かあ」などと、「つぶやき」という範疇を軽く超えるボリュームでつぶやきニヤニヤする、というコトを数回繰り返しており、この状態を「『台風』というイベントによってテンションがあがっているオトコの図」として考えるのは決して不自然な話ではないと思う。或いは、「殊更にJRの動向を気にする」とか、「ちょっと外に出たら風が強かった」とか、何だろう、もう、うるさいのである。そんなことでオトナがはしゃぐな。

その点コドモは、テレビの台風ニュースを見ながら、たまにちらっと映るパトカーにのみ反応したり、お風呂ではチンチンを股間に挟んで「チンチンないなあ」などとうそぶいたりと、全くのマイペースなのだった。それでこそ、我がコドモである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

口笛日和 [雑記]

この間、40代前半ぐらいで角刈りの、何というか、こう「玄界灘」って感じのおっさんとすれ違ったのだったが、すれ違い様、肩で風を切るようにガニ股で歩いていたそのおっさんが気分よさげに吹いていた口笛が「キャンディキャンディ」で、この笑うに笑えない緊張感は、一体どうしたものかと思う。

できることなら、そういう「播磨灘」みたいな雰囲気のおっさんは、八代亜紀とか鳥羽一郎とかいった、男くささというか日本海くささみたいなものを醸し出す人々の、よく知らないが「男の大漁旗」みたいな曲を、口笛などと可愛らしげなことではなく、できることなら鼻歌、もっと言えば歌い上げるぐらいでお願いしたいと思うが、もしそうなったらそうなったで、それはそれで笑ってしまいそうな私でもある。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プロ野球再編日和 [ニュース]

プロ野球への新規加入で競い合っているライブドアと楽天であるが、どちらもIT関連企業ということもあってか、2社の業務内容比較記事はニュースでもよく目にするのだったが、2社の社長の、顔の雰囲気がどことなく似ているという点については、思いのほかニュースでは指摘されず、これはある種の情報操作なのではないだろうか。

みんな、先に申請したのがどっちだとか、他チームのオーナーに受けが良いのがどっちだとかいう話はこの際置いておいて、二人の顔を、顔だけをよく見て欲しい。どうだろう、見れば見るほど、顔のパーツパーツが少しずつ似ていると思うのは私だけではないはずである。

例えば、我が家のベランダにライブドアの社長が出てきて「どうも、楽天です!」と言われたとして、「お前はライブドアだ」などと指摘する自信は、私にはこれっぽっちもないのである。おそらく「・・・ああ、楽天。へえ、そうですか」と、全く気付かないに違いない。何なら、「ちょっと、このバスタオル干してもらえません?」ぐらい言いそうな勢いである。

いっそ、新球団は、選手も監督もみんなあの人たちと同じ顔を集めるというのがいいのではないだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

法則日和 [雑記]

スリッパの法則 - プロの投資家が教える「伸びる会社・ダメな会社」の見分け方

という本があるそうである。タイトルや書評などから推測するに、「会社の事務所内でスリッパに履き替えて仕事しているような会社はダメである」というようなことが書いてあるらしい。

そう言えば昔、市役所だったかどこかでスリッパ履き禁止令みたいのが出されたとかいうニュースを見て何かしら日記を書いた覚えがあるのだったが、何を書いたかはちっとも覚えておらず、検索しても出てこないので、夢の話かもしれない。

話を戻すが、確かに会社でスリッパをペタペタ鳴らしながら歩かれるのは個人的に好きではないが、だから会社がダメかというと、果たしてそういうことなのだろうか。「スリッパ」がダメというよりは、「ペタペタ歩く」のがダメなのではないか。例えば、うちの会社には普通の革靴をサイズが大きいのか何なのか知らないがペタペタ鳴らして歩く36歳独身オトコがいるのだが、彼のダメっぷりは社内に響き渡るほどに相当なものなのである。

とかいうことより何より、「スリッパ」という単語にいちいち反応してしまう自分が可笑しくて仕方がない。「スリッパ」と書いてあるだけで、打ち合わせ中に見つけた上司の鼻毛ほどに気になってしまうのである。スリッパ委員会を始めて一年。我ながら、そろそろ慣れたりしないものだろうかと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハートブルー日和 [雑記]

近所の道ばたに、つたない字で「ハートブルー」と書かれた紙切れが落ちていたのだった。町中で突然「ハートブルー」と言われても困るし、というか、そもそも「ハートブルー」とは何なのかが全くわからないのだった。求む、「ハートブルー」情報。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金魚すくい日和 [雑記]

先日、実家に帰った際に、町内で開かれる金魚すくい大会の参加申込書を見かけ、何の気なしに見ていたのだったが、その下の方に「誓約書」として書かれている部分が凄かった。

 私は、このイベントに参加するにあたり、主催者が定めた全ての規則・指示に従い、イベント中の不慮の疾患や生命にかかわる重大な事故なども全て自分の責任とし、主催者にその責任を問いません。

金魚すくいの最中に起こる、生命に関わる重大な事故。なんだろう、金魚すくいをしてるところに巨大な鉄球が転がってきたり、金魚だと思ってたらピラニアだったり、ゆっくりゾンビが近付いてきたりするのだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弾力日和 [ニュース]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アンパンマン設定日和 [マンガ]

コドモがアンパンマンアンパンマンとうるさいのは相変わらずであるので、絵本代わりにアンパンマンの公式ホームページを見せてやることにした。これがそこそこ充実しており、各主要キャラの紹介ページには、そんなに主要でもないと思われる「ドリアンおうじょ」などという初めて見る名前もあったりしながらも、各キャラクターについて詳細な説明があり、その画像がいちいち動いてくれるので、コドモが見ていて飽きないのだった。

せっかくなので色々とチェックしてみると、このページでは全てのキャラクターについて、名前や性格、仕事、特徴、得意技などが説明してあり、例えばアンパンマンの仕事は「おなかのすいたひと、こまったひとをたすける」ことなのだそうだ。特徴はというと、「かおがアンパンでできている」なのだそうだが、それは特徴というよりは、何というか、それが全てではないのかと思う。というか、この特徴の部分は、例えばカレーパンマンなら「かおがカレーパンでできている」、食パンマンなら「かおが食パンでできている」で、みんな顔が何かで出来ていることが特徴となっているのだが、上手く言えないが、何というか、それで良いのか本当に、と思う。

では、顔がパンやお菓子でできていない、ばいきんまんやドキンちゃんはどうなのかと思ったら、ばいきんまんの特徴は「ばいきんでできている」、ドキンちゃんに至っては「ばいきんのおんなのこ」などと書かれてあり、それは余りにも余りな仕打ちであると思う。

個人的に一番感動したのが、メロンパンナとロールパンナという姉妹の設定である。二人は姉妹なのだが、ロールパンナは、生地の中にばいきんまんのばいきんジュースが入ってしまっており、おかげで良い心と悪い心を同時に持ってしまったのだそうだ。しかも、普段はばいきんまんの命令を聞くが、メロンパンナの声で良い心が目覚めるという。何が凄いって、この設定、キカイダーと同じなのである。あのほのぼのしたアンパンマンの世界の中で、こんな複雑な設定が生きていたとは思いも寄らず感動したのだったが、そんなロールパンナの特徴はやっぱり「かおがロールパンでできている」で、いやまあそれはそうなんだろうがと複雑な思いである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ざるそば日和 [雑記]

いや、わかってる。わかってるんだけれども、これはやっぱり「ぢるそば」だよなあと思う私である。別に、だからどうって話でもないが。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。