So-net無料ブログ作成

アリ日和 [雑記]

随分昔に、「働かないアリ」というのがいるという話を聞いたことがあった。昔の日記にも書いたことがあるのだが、世に言う「働きアリ」のうちの数パーセントは、実はうろうろしたり、荷物を持ったり降ろしたりしているだけでちっとも働いておらず、その「働かないアリ」ばかりを集めても、その中の数パーセントはやっぱり働かないという話である。

その後の研究なのかどうなのかは知らないが、最近、新たに分かったこととしてニュースに掲載されていた説によると、「働きアリ」の中の2割ほどは、根っからの「働かないアリ」なのだそうである。つまり、そのアリたちは、もう何をどうしたって働かないのである。雨が降ろうが、槍が降ろうが、命をかけて誠心誠意、働かない。日がな一日、自分の体を舐めたり、巣に出たり入ったりしているだけなのだそうだ。何というか、ああ、会社にも、そんな人いるなあと思う。

面白いのは、そういった「働かないアリ」たちを集団から除外してやると、何故か「働きアリ」たちの仕事量が減るらしいのである。つまり、「働かないアリ」がいる方が、実際の仕事の効率が上がるというわけである。「働かないアリ」たちは、実は年を取った「働けないアリ」なのではないかという説もあるが、何にしても、遊んでばかりで働かない者がいて初めて、働く者たちの効率が最大になるという事実は、なかなか言い得て妙であると思う。つまり、

「ああ、あの人に任せても全然ダメ」
「口ばっかりなのよな」
「というか、昼間っからエロサイトばっか見てるし」

といった陰口の対象となる人間が会社に何人いるかということが、業績を大きく左右しかねないということである。仕事のできないあの人やあの上司も、そういう意味では会社の役にたっているのである。そうか、社長や会長の息子が、ロクに仕事もできそうにない割には重要なポストにいたりするのは、つまりはそういうことなのだろうなあ。日本の高度経済成長を支えてきたのは、案外そういう「働かないヒト」なのかもしれない。

参考リンク:働きアリの2割「働かない」北大助手ら研究 >>


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

馬顔日和 [雑記]

会社の帰り、すれ違いざまに聞こえてきたOL3人の会話がちょっとバカで、可笑しかったのだった。

A 「私、馬顔の人が好きー」
B・C 「うまがおー!?」
C 「ああ、田中部長って馬顔だよね」
A 「ああー・・・うーん・・・」

なかなか、そこら辺で「うまがおー」とハモるOLとはお会いする機会がないと思われ、貴重な経験だったと感慨深く思っている次第である。というか、田中部長の馬顔は、どうなの? いけてないの? いけてない馬顔と、いけてる馬顔の違いって何? というか、馬顔と言われても、思いつくのは吉田照美ただ一人な私である。他に馬顔って、誰がいるの?

というわけで「馬顔」をウェブで検索してみたら、「馬顔ハゲ(ウマズラハゲ)」というとてもかわいそうな名前の魚がいることがわかり、少し得した気分になったのだった。以下、引用。

カワハギの一種で、カワハギより体長が長いのがウマズラハゲです。顔が長く、馬の顔に似ていることからウマズラと呼んでいます。

ということだそうだが、この説明では、ウマズラはともかく、何故「ハゲ」なのかがよくわからない。「カワハギ」の「ハギ」から来ているという説が濃厚であるが、それだと当然「ウマズラハギ」になるので、当然「ウマズラハゲ」ではない。「ウマズラハギ」と「ウマズラハゲ」は、「西田ひかる」と「西田敏行」ぐらい違うのであるが、ただまあ、「ウマズラハギ」より、「ウマズラハゲ」の方が断然言いやすいというのも事実である。きっと、言いやすい方に流れていったのではあるまいか。

というか、きっと田中部長は「ウマズラハゲ」なのだと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

いないいないばあ日和 [雑記]

相方さんとコドモの3人で夕飯を食べに入ったら、隣のテーブルにいたのがコドモ3人と両親、二十歳ぐらいの娘とその母と婆さんみたいな雰囲気の大家族だったのだが、親父がコドモほったらかしで娘さんと、延々、新聞記者がいかにつらい仕事かということをこんこんと語り続けていて、気になって気になって仕方がなかったのだった。

で、気にしつつも気にしてない素振りでご飯を食べていると、うちのコドモの存在に気付いたらしいコドモ3人が、趣味の悪さが尋常ではないシャツをペアルックで着こなしつつ、こちらのコドモにちょっかいを出してきた。一人が「いないいないばあ」をし、うちのコドモがほんの少し笑ったのを良いことに、コドモ3人がとっかえひっかえ「いないいないばあ」ばかりやるので、なんというか、「いないいないばあ祭り」みたいな様相を呈してきて、それもそのコドモたちが顔、服、動きなどといった要素要素がいちいち可愛くなくてむかついたので、既に食事を終えていた私たちは、そそくさとその場を後にしたのだった。よそのコドモにちょっかい出してる暇があったら、自分の来ているシャツについて、もう少しきちんと考えてみて欲しいと思う私である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お色直し日和 [雑記]

職場の同い年ぐらいの男性が12月に結婚するのだそうで、一応結婚して3年目を迎えている私に「結婚って、どうっすか?」みたいな話を聞いてきたので、少し話をする。「披露宴とか、どうしました?」と聞かれたので、正直に身内だけでひっそりとしたと言う話をする。で、「披露宴とかするんですか?」と聞くと、ばっちりするらしく、それじゃあお色直しとかもするのだろうなあと思い、そのことを聞こうとしたまではよかったが、何故か「お色直し」という言葉が思い出せないず、咄嗟に出た言葉が「衣替え」で、笑った。

「新郎新婦の衣替え」。かなり馬鹿な響きである。披露宴の途中で、夏物から秋物に衣替えする新郎新婦。長袖から半袖に着替える新郎新婦。想像すると、なかなか間抜けである。

「さて、そろそろ肌寒い季節になって参りました。ここで新郎新婦、冬物に衣替えさせて頂きます」

何というか、「勝手に着替えてろよ」って話である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ボテ志日和 [雑記]

ひょんなことからメル友になった、ほぼ日で育児絵日記を連載したりしているアニメーター・うるまでるびさんと、そのお子さん・ボテ志が京都に来るというので、一緒に遊ぶことになったのだった。

お昼前に待ち合わせをして、まずは「梅の花」という、おいしい豆腐料理屋の個室で昼食。うちのコドモの食べっぷりを見て、そのがっつきっぷりにかなり驚かれてしまったりしながら、おいしい豆腐を堪能しつつ、世間話をする。コドモはコドモで、二人して触って欲しくないものばかり触ろうとしたり、障子を破ろうとしたりして、なかなか油断ならないのだった。というか、明らかに2歳のボテ志よりも1歳のうちのコドモの方が、頭がでかいのが哀しい。

ちょうどその前日に、龍安寺というお寺で石庭を見たのだそうで、ボテ志は「ぜんのこころっ!」と叫んでいたのだそうだ。可愛い。しかもその後、言うにことかいて「ぜんのこころ、あったよ」などと言い出したのだそうだが、指さす方を見るとバケツだったりして、何だかよく分からないことになっている。と思ったら、豆腐料理屋でも「ぜんのこころ、あったよ」と、そこら辺の盆栽みたいなのを指さして繰り返し言っていたのだった。ぜんのこころって、何なんだろうな。

ボテ志はマイケルジャクソンが本気で嫌いらしく、コンロのスイッチを押そうとしたボテ志にうるまさんが「それ、マイケル呼ぶボタンだよ」と一言言うと、押さないばかりか、押そうとすると怒るほどにボタン嫌いになったりして、可愛らしいというか、おかしい。逆に、クィーンというイギリスのバンドのボーカルのフレディ・マーキュリーという、ヒゲでゲイのおっさんが大好きらしく、「フレディもやってるよ」と言うと何故か言うことを聞くのだった。素直なのか、ひねくれているのか、よくわからない。

昼食後、電車が大好きなボテ志をひき連れて、京都駅近くの梅小路蒸気機関車館という所へ行き、本物の蒸気機関車に乗る。ボテ志は本気で感動したらしく、無言で目をうるうるさせていたのだったが、うちのコドモは、何のことやらさっぱり分かっていなかったと思う。

出会った時には恥ずかしがっていたボテ志だったのだが、帰る頃には私と手をつないで歩いたりして、すっかり仲良くなった私たちである。今度会う時には、うちのコドモも言葉を喋るようになっていたりして、そうなると二人して馬鹿なことを言い合うのだろうかと思うと、今から少し楽しみである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

下痢日和 [雑記]

少し前に、またコドモが吐き下し系の風邪にかかっていて、しばらく下痢が続いていた。ここ数日は、薬のおかげもあり治りつつある健康な便だったのだが、今朝、突然また下痢になっていた。しかも、おむつから漏れるほどの液状である。急いで服を着替えさせ、元気は元気そうなので保育所に連れて行くと、先生たちに「えっ下痢? 食べ過ぎで?」とか言われた。人ん家のコドモを何だと思っているのか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

食器洗い乾燥機日和 [雑記]

食器洗い乾燥機を買った。以前から欲しい欲しいとは思っていたのだが、5~6万円台という、なかなかに軽く手を出すには微妙な金額設定であり、おまけに水道の工事も必要とあって面倒くさいったらありゃしないのだったが、さすがに共働きでコドモがいたりすると、少しでも家事が楽になればと願う日々であったため、本当は二人目のコドモが出来てから買う予定だったのを、びっくりするほど前倒しにして手に入れてみたのである。

なんでも、1年間で水道代が6万円ぐらい安くつくらしく、つまりは毎月5千円ぐらい安くなるということらしいが、ということは、我が家の水道代の半分以上が食器洗いに使われていたということになるような気がするのだが、果たして本当なのだろうか。

説明書によると、哺乳瓶の乳首とか、プラスティック製のフォークやスプーンなど、コドモ絡みのもので洗えないもの、というか、洗うと水圧で吹き飛ばされて、下手すればモーターの所まで飛ばされて引火するという代物があるものの、それ以外のものは、ある程度決まった置き方をしてやれば大丈夫とのことで、適当に並べてスタート。なんだかんだで乾燥まで1時間ぐらい、ぐおんぐおん言い続けていたが、仕上がりもまあ普通に洗えているし、そもそも、食べ終わった後のお皿を並べて電源押すだけってのが、やはり相当楽である。全自動洗濯機を買った時も感動したが、この食器洗い乾燥機も、なかなかに感慨深いものがあるのだった。

ただし、今のところ、食器洗い機の電源がすぐ横の洗面台の照明スイッチと意味なく連動しているため、食器洗い真っ最中にも関わらず不用意に電源を切ってしまって最初から洗い直してみたり、或いはもう乾燥の段階まできたにも関わらず洗剤を入れ忘れていたことに気付いて最初から洗い直してみたり、何をとち狂ったか食器も入れずに洗いはじめてみたりと、何というか、「使いこなせてない感」が家中に漂っているのが寂しい限りである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジャイアン日和 [雑記]

今日コドモが、中学生に「ジャイアンみたい」と言われたそうだ。ジャイアンみたいな1歳って、何だよ、それ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鳥羽日和 [雑記]

ケイコさん(実母)の還暦祝いということで、アキオさん(実父)も一緒に、当然相方さんとコドモも一緒に、近鉄電車で鳥羽へ小旅行に出掛けたのだった。ケイコさんがうわごとのように繰り返していた「あわびが食べたい」という夢を実現すべく、某旅館に宿泊し、「伊勢海老、あわび、焼き牡蠣付き海鮮料理」をいただくのである。

今、近鉄電車が発行している「まわりゃんせ」というパスポートがあるのだが、これが凄い。何しろ、このパスポートがあれば、近鉄電車の伊勢志摩方面特急往復はもちろんのこと、志摩スペイン村、鳥羽水族館などといった伊勢志摩・鳥羽周辺の主要な23観光施設の入場が無料、かつ周辺の電車、バスも乗り放題、お土産屋さんなどで割引やサービスも受けられるというのに、お値段は特急往復料金に毛が生えた程度なのである。剛毛ではない。産毛である。4日間有効なので、その気になれば23観光施設全てをまわることも不可能ではなく、その場合、22,550円が無料になるのである。まあさすがにそれはちょっとやりすぎというか、その情熱をもっと環境問題とかに使って欲しいと思うが、何にしても、「そんなに観光客少ないのか、伊勢志摩は!」などと観光する側が逆に不安に思ってしまうほどの太っ腹ぶりなのである。半ば、やけくそなのだろうか。

昼過ぎの特急で京都から鳥羽へ。旅館の人に迎えに来てもらい、車で旅館へ移動する。しばらく部屋でゴロゴロ過ごす。というか、歩き回るようになったコドモに翻弄される。これまで全く何にも考えずに泊まっていた旅館の部屋が、生まれたての仔羊のようにしか歩けないコドモにとっては危険が一杯であることを知り、不安になる。危険そうな金庫の角なんかは座布団でガードするとして、問題は障子である。絶対、破る。触ったら、奴が破ることは間違いないのである。こちらとしては、何とか触らせないように頑張るしかないのである。

夕飯までの間に、コドモをケイコさんと相方さんに預けて天然温泉へ。基本的に今回の宿は食事メインで選んだので、温泉についてはおまけ程度にしか思っていなかったにも関わらず、この温泉が、入った瞬間から肌がつるつるしてきそうなくらいに、もの凄く気持ち良かったのだった。これまでにも色々温泉には浸かってきたが、今回のは間違いなくベスト5に入る名湯。期待していなかっただけに、喜びもひとしおである。

夕飯、伊勢海老、あわび、焼き牡蠣はもちろんのこと、舟盛りだの牡蠣フライだの煮魚だの、どれもこれも美味しいものが山のように出てきて、みんなで散々食べ散らかす。コドモも煮魚やひじきでかなりのご飯を平らげ、みんなでお腹一杯になり、意外と山の中の旅館で周りに何もないこともあって、午後9時にはすっかりすることがなくなり、寝るしかない状態になったのだった。これ幸いとコドモを寝かしつける。

夜、寝てしまったコドモをケイコさんにまかせて、相方さんともう一風呂浴びる。湯上がりにロビーでくつろいでいると、旅館内にあるカラオケボックスから出てきたグループが、おじい3、おばあ1の4人組で、一体どういう集まりなのか気になって気になって仕方がないのだった。というか、未だに気になっている。あれか、おばあのファンクラブなのか。

翌朝、昨晩の豪華さに比べるといくぶんテンション低めの朝食メニューを頂き、9時頃に鳥羽方面へ送ってもらった。外はあいにくの大雨で、子連れで歩くのは億劫だったので、そのまま鳥羽水族館でおろしてもらう。午前9時とはいえ、さすがに人気の施設である。人がやたらめったら多い。コドモと、クラゲとか、ラッコとか、ジュゴンとか、カワウソとか何だか色々見るが、コドモは、興味があるんだかないんだかわからない素振りを見せつつも、「はい?」だの「ほえ?」だのと言葉を発し、終始ご機嫌ではあったのだった。しかしまあ、広い水族館である。大阪の海遊館とは比べものにならないくらいに色々いて、楽しい。コドモがもう少し大きくなって、水族館の意味がわかるようになったら、またゆっくり来ようと思う。ちなみに、コドモが一番興味を示したのは、マッシュルームみたいな形のクラゲだったと私は思っているのだが、まあ、アジなんかをおいしそうに見ていたという話もある、食いしん坊なコドモである。

その後、タイミングよく雨があがったので、鳥羽湾観光船というのに乗ってみるが、外の景色がどうとかいうことよりも、コドモが、ちっとも触って欲しくないコーヒーカップだのなんだのを触らないように気を付けておくことに必死にならざるを得ず、もう、観光どころの話ではないのだった。

船から降りて昼食を食べる場所を探していると、ふとした瞬間にコドモが爆睡。その隙にオトナたちはガツガツ昼食を食べたのだった。コドモはその後、帰りの電車の中で起き出し、オトナがおいしい伊勢うどんだの海老フライだのを食べていたことも知らず、駅の売店で買ったパンをがっついていたのだった。ちょっとだけ不憫に思うが、本人は至って満足そうであるし、昨晩は御馳走だったので、まあいいかと思う。バランスよく食べた方がいいからなあ。バランスの意味をちょっと間違えているが。

ちなみに、今回旅行に行ったのに写真が一枚もないのは、カメラを持っていくのを忘れたからである。なかったらなかったで、使い捨てを買ってまでは撮らない私たちである。

それから、行ってないけどやけに気になった観光施設がある。一つは、マコンデ美術館という名前の美術館。東アフリカのマコンデ族という、ちっとも聞いたことないしそんなに有名でもないと思う部族の彫刻の数々を展示している美術館らしいのだが、何故鳥羽にあるのか全く不明なのが不気味である。もう一つは志摩ミュージアムという所なのだが、ここには、何故か岩城滉一のバイクコレクションが展示されているそうである。近くの道がツーリングに最適らしく、どうもそのバイク好きをターゲットにしているらしいのだが、だからといって何故岩城滉一コレクションなのかは謎である。どうせなら、マッチのバイクをギンギラギンにさりげなく展示しておく方が人は集まるような気がするのだが、どうだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キシリトール日和 [雑記]

会社で睡魔に襲われた際の対策として、これまでコーヒー、フリスク、顔を洗う、トイレでちょっとうとうとしてみる、というか自分の机でうとうとしてみるなど、様々な方法を試してきたのだったが、どれもこれも今ひとつ決め手にかけるというか、眠気が収まらないというか、何なら、パソコンの前でちょっと寝てしまっていることもあるくらいなのである。それで辿り着いた結論として、飴を舐めるのが一番なのではないだろうかと思い始めている。

以前に、有限会社ムームーの森川さんが書いていたような気がしたのだったが、ムームーでは、ボールペンや付箋紙などの事務用品と並んで飴が常備されているのだそうだ。つまり、備品扱いである。それで、常時飴を舐め舐め会議をしたりしているのである。曰く、口の中を動かしていると、脳の動きもよくなり、会議でも意見やアイデアが出やすいとの話である。当然、眠気も収まるだろう。

確かにそれは一理あるように思う。コーヒーを飲みながら眠ってしまって膝にこぼす人は電車の中などでよく見かけるが、飴を舐めながら寝てしまって口から飴をたらす人というのは、実は余り見たことがない。「そもそも、飴を舐めているオトナを余り見ない」という気もするが、それはきっと又別の問題である。とにかく飴を舐めている人は、確実に目を開け、歯をくいしばり、一心不乱に、誠心誠意、飴を舐めているものであると思う。

そんなわけで、仕事中眠気に襲われたら飴を舐めることにした私であるが、ここで問題になるのは、オトナの男が仕事中に舐める飴とは、一体どんな飴なのかということである。

まず問題になるのは、その大きさである。大きければ電話に出るのに不都合であるし、不意に誰かに話しかけられたとして、頬をまんまるにしてどんな的確な返事をしたところで、相手にはただ「ふごふごふご」としか聞こえず、仕事がはかどらないばかりか、仕事にならない。というか、給料20%カットである。だからといって小さければ良いかというと、今度は眠気を覚ます効果が期待できない。もうフリスククラスではがぶ飲みしてもどうにもならない私なのである。口一杯にならない程度の、かつ眠気覚ましの効果が期待できる、日本で言えば栃木県ぐらいの、ほどほどな大きさこそ、オトナのオトコの理想なのである。

例えちょうど良い大きさであったとしても、その飴が「キティちゃんフルーツラブキャンディ」であってはならない。キティちゃんであることも、ラブキャンディであることも、できるオトコのキャンディとしては許されない。とりわけ、キティちゃんは御法度である。個人的にはミッフィーというのも捨てがたいが、ここは一つ、オトナのオトコとして許されるのはピングーまでとしたい私である。

そういうわけで、オトナのオトコが舐めるにふさわしい飴を求め、近所のディスカウントショップにて飴を2袋購入。会社へ持っていったのである。

キシリトールという成分がある。いわゆる天然甘味料という奴で、シュガーレス系のものには大抵これが入っているのであるが、今回私が眠気覚ましに買った「ノンシュガーフルーツのど飴」とかいう奴にも、この成分が多量に含まれていたのだったが、実はこの成分が含まれている食品には大抵、「天然甘味料は消化されにくい成分であるため、一度に多量に摂取すると一時的にお腹がゆるくなる場合がありますが、健康上問題はありません」などという注意書きがされている。ふーんと思って読んでいたのだったが、実は、このノンシュガーフルーツのど飴を舐めるようになってから、お腹が緩くなりはしないのだが、どうも仕事中にお腹にガスが溜まりやすくなって、要するにおならが出そうになりがちで、困っている。確かに、舐め始めるとどうにも口寂しくて5個や10個は連続でガツンガツン舐めるのだが、そうかといってお腹が緩くなるわけではなく、ただただガスが溜まるというのが、どうにも恥ずかしい。ちょっと油断するとガスが出てしまいそうで、この緊張感たるや、想像を絶するものがあるのだった。

そういう意味でも、飴を舐めると眠気覚ましになるというのは本当のようで、嬉しいような哀しいような、切ないようなオナラが出そうなような日々を過ごしている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。