So-net無料ブログ作成

2002/07/31 [雑記]

ペストX、やっぱり効果無しだそうだ。というか、そんなの我が家でとっくに実証済みである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2002/07/30 [雑記]

今日は相方さんの誕生日ではあるのだが、相方さんはモテコと一緒に実家にいるので、先日相方さんの実家に帰った時に京都駅の地下街・ポルタにある、私と相方さんの大好物である「MANO’S CAFE」という喫茶店のバカでかくて甘みが少なくておいしいケーキを買って帰ったりしたのだが、それだけというのも何なので、ネット通販で、これまた相方さんの大好物であるアメリカンチェリーを1キロ、相方さんの実家宛てに送りつけておいたのだった。

夜、相方さんから電話。無事届いて、もっさもっさ食べているとのこと。で、届いたのはよかったのだが、おまけで付けてもらったメッセージカードには「凄くおいしそうだったので送っちゃいます。いっぱい食べてねっ。サチ&トシ」みたいな、電話で聞いたからうろ覚えではあるのだが、概ねそういった内容の、とても恥ずかしい感じのメッセージが書かれていたそうだ。というか、誰だよ、サチ&トシ。私の記憶が確かであれば、私は「28年前、生まれておめでとう。だんな より」というようなメッセージを書いたはずだったのだが、もしかしたら私の中のサチ&トシな部分が、それが何処かは知らないが、勝手にメッセージを書き換えたのかもしれない。まあ、私の心の中に居るぐらいなのだから、きっとサチ&トシは、みんなの心の中に生きているのだろうと、勝手に思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2002/07/29 [雑記]

最近、私の愛用するiMacを立ち上げると、もれなく画面が真っ暗で困ってしまうのである。もの凄くぼんやりと映ってはいるのだが、暗すぎてほとんど見えず、音だけが聞こえてくるのが不気味である。

で、この間、そのあまりの仕打ちに苛々して、思わず「ドラえもん」の1巻でのび太のママが映らないテレビに対してやったようにiMacに手刀を浴びせてやると、あら不思議、もの凄く明るくなったのである。

以降、もっぱら暗い時は、手刀手刀の毎日である。これ、軽くポンと叩くだけでは全く効果がなく、本気で力一杯叩いてやらないといけないのが憎い。しかも、下手すれば逆に暗さば増していくこともあるので注意が必要である。

それにしても、ドラえもんの1巻の知識がこんな所で役に立つとは、全く驚きである。あと、ドラえもんの1巻といえば、のび太のママがのび太に話して聴かせた恐い話も印象深い。確か「3日目のご飯がこわくてこわくて・・・」とかいう話だったのだが、コドモ心に、「ご飯がこわい」というのが「強い(こわい)」というのと結び付かず、「何言ってんだ、このアマ」と思ったことを思い出すのだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2002/07/28 [雑記]

日曜日ともなると、さすがに来客が多い。モテコも、お客さんの相手でロクに乳がもらえなかったり、寝る暇がなかったり、というかうるさくて眠れやしなかったりして少し可哀想ではあるのだが、みんなお祝いをくれたり、可愛がってくれたりするので、モテコで腹話術したりしながら接待を続ける。

相方さんの友達で、この間の3月に女の子を産んだばかりの夫婦が、生後4ヶ月になるコドモを連れてやってきてくれたのだったが、これがまた巨大なコドモで、生まれたてのモテコばかりを見ていたので、そのギャップにちょっと恐くて震える。というかそのコドモの巨大さ加減は、どう考えても異常である。太腿なんかもう、まるでバットである。それも、握る方ではなくて打つ方の部分の太さがある。擬音で書けば「ぼがーん」みたいな感じである。3ヶ月後にモテコがこんなになるのかと思うと、ちょっと驚きを通りこして切ない。

で、モテコにとって3ヶ月お姉さんになるそのコドモとモテコを近づけたりしてみると、不思議な化学反応が発生し、モテコは号泣、巨大なコドモは奇声を発していたのだった。なんか面白い。まあモテコが泣き出したのは、お腹が空いていたからというのもあるのだが。

しかしまああれだ。さすがにこの時期の3ヶ月の差は大きそうである。年取ると3ヶ月なんて、鼻くそみたいなものなのだけどもな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2002/07/27 [雑記]

かれこれ1年前に引っ越してからしばらく悩まされ続けていたチュー吉問題であるが、ねずみ退治のプロにお願いしてようやく収まりつつある我が家である。今日の午後から、最終の確認に来てくれるということで、午前中に主夫っぽい所用を済ませて、確認が終わったら相方さんの実家へ旅立てるように準備もして、暑い部屋の中をだらだらごろごろすごしながら、ただただ待つ。油断すると汗だくになりながら昼寝している自分がいて、この暑さでも眠れる自分が新鮮だった。エアコンは、なんとなく付けずに過ごす。

結局5時になってもやってきてくれる気配はないので事務所に電話してみると、思いっきり「今思い出した」みたいな対応をされてしまい、苦笑うしかない私である。まあ、「今出ました」とかいう出前みたいなことを言われるよりはマシだったかと自分で折り合いを付けて、「今日はもう良いので、また日を改めて」みたいな感じで、オトナな対応をしておく。

午後8時過ぎ、ようやく相方さんの実家へ。1週間ぶりに見るモテコは、顔中に汗疹(あせも)のような湿疹が出来ていて、痛々しくて残念なことになっていた。相方さんがインターネットで調べてみたところ、オリーブ油でもつけておけば大丈夫とかいう情報を得て試してみているらしいが、塗った直後に頬がテカテカになるのはよくわかるのだが、効果があるのかないのかについては、今の所まだよくわからないのだった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2002/07/26 [雑記]

どうも最近、私の周りのエアコンたちが、きちんとエアーをコンディショニングしてくれていないような気がしてならない。

この間実家に帰った時、私が引っ越す前に過ごしていた部屋でエアコン、といってもびっくりするくらい昔の、冷房しか使えない、いわゆるクーラーを付けて、室温をモテコに最適な温度・26度に設定したのだが、これがとても26度とは思えないほどの冷えッぷりなのである。普通26度だと、なんだかちいとも涼しくないばかりか、下手すればじわじわ暑かったりするくらいのものなのであるが、その部屋では、なんだか知らないがあっと言う間に極寒なのだった。

で、このままではモテコが冷え切っちゃって冷え切っちゃって、そのうち「まいっちゃったよ、たまんないね」とか坂田利夫みたいなことを言い出したりして大変なことになりそうだったので、慌てて温度設定を上げに上げるも、相変わらずの厳寒態勢である。結局温度設定を最高の32度とかにしても俄然冷え冷えだったので、もう諦めて、付けては消し、付けては消し、ごまかしごまかし過ごしたのだったが、そもそもクーラーのくせに32度って、それ、汗ばむ陽気じゃないかとか思う。

そうかと思えば、会社の、私の席の最寄りのエアコンは、温度設定が常時15度である。しかも、その割にはちっとも寒くなったりはせず、ほどよく暖かいくらいであるのは一体なんなのか。というか、15度とはなんだ。あれか、うちの会社は野菜室か。

あと、N-16の練習をするスタジオに付いているエアコンについては以前に書いたので詳しくは書かないが、まあちっともエアーをコンディショニングしている気がしないのは確かである。

それで、というわけではないのだが、自宅でエアコンを付ける時はもっぱら「ドライ」派な私である。何だろう、「ドライ」って湿度を下げるのがメインなんだとは思うんだけど、結構涼しくなるのである。というか、そもそも「ドライ」であっても温度設定あるし。気を抜くと「ドライ(ランドリー)」などという、洗濯ものを乾かす時に使う設定になってる時があって、危うくいい感じに乾かされてしまいそうになることもしばしばである。

本当は「ドライを付けるオトコ」=「ドライ者(ドラいもん)」ってのが馬鹿馬鹿しくていいなあと思って書き始めたのだったが、今思うと、なんか別に、そんなに言うほどでもないかなあと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2002/07/25 [雑記]

それにしても、今日のお昼のお弁当にカレーが付いていたのには驚いた。雨の日も風の日も雪の日も、冷蔵庫の中の牛乳が必要以上にとろみを帯びていたあの夏の日にも、とどまるところを知らずに食べ続けてはや1年半であるが、カレーが付いてきたのは初めてのことなので、とまどいを隠しきれない私である。とはいっても、決してご飯にごっちゃりとかけるタイプのものでは当然無く、安っぽい、中のお肉が不気味に真っ白なトンカツが入っていて、それに付けて食べる、いわばソースのようなものであるらしかった。というか、カレーていっても既に冷え冷えなので、「可もなく不可もなく」感は否めない。

それにしても、よりによって家でカレーばっかり食べている時に限ってカレーを出してくるとは、なかなかの嫌がらせっぷりである。もしかしたら、私がここで散々文句を書き散らかしているのを読んで、その腹いせなのだろうかとも思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2002/07/24 [雑記]

昨日の夕飯は、実家で貰った茄子と玉ねぎを使って「茄子カレー」にしたのだった。それはつまり、今日の夕飯も明日の夕飯も、もしかしたら明後日の夕飯でさえも、のべつまくなし「茄子カレー」になるやもというリスクを背負っての大英断である。もう、ハイリスク・ハイリターンである。何がリターンなのかはよくわからないが、まあ、なんか返ってくるだろうと思う。

そんな私の今日の体臭が、こころなしか、ほのかにカレーの匂い、より正確には玉ねぎの匂いがするような気がするからカレーは侮れない。毛穴からエキスがほとばしりそうな予感があるものな、カレーってな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2002/07/23 [雑記]

夜シャワーを浴びようとお風呂に入ると、何故か焼き肉の匂いがしたのだった。留守中、勝手に人んちの風呂場でバーベキュー大会を開くのはやめてもらいたいものである。

「留守中勝手に」で思い出したが、いつの頃からかわからないのだが、家の前に置いたせいで「日中はできれば使わないで欲しい」と近所からお願い、というか苦情を言われてしまったエアコンの室外機の上に、何処の誰のものかもわからない「ほうき」が、さも我が家のほうきですよってな風情で置かれているのが可笑しいのだった。しかもこのほうき、日を追うごとに微妙に佇まいが変化しており、しばらくは室外機の上で寝かせて置かれていたのだったはずなのだが、ここ数日は室外機にもたれるようにして立てて置かれるようになっているのだった。なんとなく、ほうきが勝手に成長してるみたいで、「おお、ついにつかまり立ちしたか」みたいな無駄に感慨深いものがあり、可笑しい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2002/07/22 [雑記]

心なしか最近、よく似た住所で同じ名字の色んな別人宛ての郵便物が続々と我が家に集結していて、ちょっと恐いほどである。この間なんかは、ちっとも知らないおばあちゃんの生命保険の証券なんてなものまで入っていたりして、どう取り扱っていいものやらわからず、ちょっとしたパニックになったりしたのだった。まあパニックって言っても、とりあえず家の中に持ち帰って冷蔵庫に入れただけなのだが、それにしてもやっぱり、ちょっとみんな間違いすぎではないだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。