So-net無料ブログ作成

2001/10/31 [雑記]

先週で仕事のピークが終わり一段落したため、また仕事中に睡魔が襲ってくるようになった。

私の場合は仕事柄、パソコンの前に座ってぼんやり考え事をしたりしていても、誰にも何も咎められないし、むしろ仕事中のほとんどがそんな感じなのであるので、気を抜くとすぐに睡魔がいらっしゃるのである。先週やその前などはピークであっただけあって流石に色々とすることもあり、多少の緊張感もあったので睡魔もあまりいらっしゃらなかったのだが、いや、別に今もすることはあるのだが、何しろあまり緊張感がないので、すぐに睡魔がいらっしゃる。それでも、もの凄くぼんやりした頭で一生懸命仕事っぽいことをしている私である。無駄に文章を打っては消し、打っては消しってしたりな。眠気覚ましに「ソリティア」したりな。

不思議なもので、私の場合、睡魔というのはほんの1時間ほど過ぎれば意外とすっきり消えてしまい、睡魔に襲われていた時間に仕事が何も進んでいないことに気付いて驚くことがよくある。今日もまぁそのパターンだったのだが、睡魔がいなくなってから、睡魔に襲われていた時間に無理矢理仕事をして自分で作ったファイルのファイル名が「マッチョ.jpg」だった。笑った。何やってたんだ、私。というか、なんだこのファイル。中身はたいしたこと無い、ただの画面イメージである。何がマッチョなのだ。何を夢見ていたのだ、私。この先絶対使うことはないと思うのだが、なんか面白いので消すに消せない私である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2001/10/30 [雑記]

□「<迷惑メール>配信業者に送信差し止めの仮処分 横浜地裁」 Go!

もうなんというか、口あんぐりである。一日に120万通の出会い系メールを発信したらしい。送りすぎだ。日本の人口が今1億2千万人くらいだそうだから、100人に1人は送られている計算になる。つまり人口の1パーセント。たぶん、「鼻くそを食べたことがある人」と同じくらいである。いや、もっと多いか。←どっちが?

それ、例えば送った人全員が「出会いたい」と思ってたら、それはそれで凄い国であると思うがどうだろう。嫌だ、そんな国。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2001/10/29 [雑記]

バスの中から、1年前のスポーツ用品を安くで売るという店が見えた。いわゆる「新古品」というやつ。で、店のネーミングがそのまんまで「きょねん屋」であるのもどうかと思うが、そんなことより、この店のキャッチコピーが凄いのである。

去年のものを、より早く

「より早く」て。それ、どう頑張っても1年後じゃないか。おかしなことを言う店長である。

検索したら、何故かiモードのページ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2001/10/28 [雑記]

□「GO/監督:行定勲」(京極弥生座)

脚本:宮藤官九郎と主演:窪塚洋介に惹かれて、約半年ぶりに映画を見に行く。

これは僕の、恋愛に関する物語だ。

在日韓国人・杉原の、高校3年の冬までを描いたストーリー。「在日韓国人」であることと、友達のこと、両親のこと、恋愛のことが、全て同じ日常として描かれており、重いテーマを抱えていながら軽く見ていられる辺り、流石にコント好き・宮藤官九郎の真骨頂。時間の流れをバラバラにして少しずつ切り替えて見せていくという展開も、スピード感があって面白い。こういうの、演劇ではよくあるんですが、映画だとどうなんでしょう。あんまり映画見ないのでわかりませんが、私は好きです。で、何より、台詞一つ一つが面白くて、かっこいい。それはまぁ、私のひいき目ですが、でもやっぱり面白いのよなぁ、本当に。

観ている最中はそうでもなかったのだが、何故か観終わってからしばらく、ずっとうるうるしていたのだった。色んなことを考えたからかもしれない。

パンフレットを買ったら、おすぎが絶賛していた。曰く「脚本が素晴らしい」と。凄いぞ、宮藤官九郎。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2001/10/27 [雑記]

実家近くのある神社にて、相方さんと「神前結婚式」というやつをした。「できることなら結婚式なんてなものはしたくないが、どうしてもするなら、神社とかで本当の神様の前でやった方がかっこいい」という私たちの意向と、アキオさんやケイコさんなどの「せめて写真くらいは欲しい」という意向の折衷案である。

挙式の始まる少し前に、相方さんの白無垢姿と私の袴姿での2ショットを写真屋さんに取ってもらっていると、いつものむちむちした甥っ子がやってきてその様子を見、「あれが結婚式?」と4~5回は訊いていた。どう考えても写真取ってるだけやっちゅうねん。

挙式は、神社の本殿の中で行われたのだった。挙式の最中も参拝客が途絶えることなくやってきていたため、常に後ろで誰かが賽銭を投げてカラカラ言わせたり、柏手(かしわで)を打ったりしていたのが気になって仕方がなかった。「何をありがたがられているのだ、私たちは」とか思った。

後で聞いた話だが、式の途中に「三三九度」の儀式があり、これは巫女さんが大中小の器にお酒を注ぎ、それを奥さんと旦那が交互に飲むというようなものなのだったが、その様子を見ていた甥っ子は、てっきり酒の早飲み対決だと思っていたらしい。いったい、結婚式をなんだと思っているのか。面白いけど。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2001/10/26 [雑記]

日本全国がどうなのかは良く知らないが、少なくとも京都と滋賀(の田舎)では、今年カメムシが大量発生しているのだそうだ。滋賀の山の方に住む上司の家では特に酷く、なんでも洗濯物のポケットの中に軽く50~60匹も入っているのだそうだ。考えただけでも鳥肌が立つが、実際は気持ち悪いうえに臭くもあるのでかなり大変である。

カメムシというのが一般的な呼び方なのかどうかわからないし、私の田舎では「クサムシ」とも呼んでいたのだったが、とにかく、スカンクの虫バージョンのような奴のことを京都や滋賀では「カメムシ」と呼んでいる。カメムシは、親指の爪くらいの大きさでありながら、危険を察知すると、その小さな体からは想像できないくらいにもの凄い匂いを周囲にまき散らす困った奴なのである。例えれば、腐った生ゴミが、さらに腐ったような匂いである。「どんな匂いだそれは」と思うかもしれないが、それがカメムシの匂いである。

虫の世界の話であるから「匂いでごまかして逃げる」などというメルヘンチックなことも許されるのだが、例えば私たち人間が危険を察知して、まぁ背中に桜吹雪とかの絵が描いてあるお兄さんなんかに囲まれたりしたとして、そこでどんなに酷いオナラをしたところで絶対逃げられないと思うし、むしろ余計に酷い目に会わされるだろうと思うが、オナラで空を飛べれば話は別である。地球に優しいオナラエンジン。まぁ、人にはあんまり優しくないのな。臭いしな。

試しに「カメムシ」で検索してみると、金鳥のホームページに「カメムシ」とあるのが見つかった。「ウルトラ害虫大百科」というネーミングがいい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2001/10/25 [雑記]

あまりに疲れていたため、相方さんと二人して、押し入れからふとんを出した瞬間に突っ伏して眠ってしまった。

我が家では、「シャツ、イーンッ」という掛け声の元にシャツをズボンの中に入れて眠る習慣がある。これは腹を出して寝て下痢になるのを防ぐためなのだが、この日ばかりはそんなことも忘れて眠りこけてしまっていたのだった。

ちなみに「シャツ、イーンッ」は、モールス・サカイ氏の名言「ポロシャツ、イーンッ!(えなり合体 かずき)」から拝借したものである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2001/10/24 [雑記]

会社に、足が腫れてしまった人がいる。そういえば昔私が通っていた高校に、酒の飲み過ぎで足が腫れてしまった飲んだくれの国語教師がいたことをふと思い出したが、今回の場合、原因はそれではない。というか、教師が酒で足を腫れさせるというのもどうかと思うが、今回のその人は、酒もまぁ飲まないわけではないのだが、それより何より甘いものに目がない男性なのである。

足がどうなっているのかと聞くと、なんでも、足の内側、いわゆる「つちふまず」の辺りに急激に大きな負担がかかっており、それによって炎症を起こしているのだという。マラソン選手なんかがよくなる症状なのだそうだが、とはいえその男性は、突き出た下腹を抱えるサラリーマンではあるが、決してスポーツマンではないはずである。

では、なぜそんなことになったのか。

がに股でありつつ足先が内股になるという歩き方、偏平足、運動不足・・・。幾つか原因がある中で、医者が一番の原因として挙げたものは、かなり衝撃的なものだった。

急激な太りすぎ。

これはもう、「衝撃」を通り越して「笑撃」である。

しかしまぁ医者にそんなことを言われたら、私なんかは相当へこむと思うのだが、その人は昼休みに、私と同じ弁当を食べ、その後にチョコレートを食べながら、このことを話してくれたのだった。というか、それが原因じゃないか。

ちなみに「最近運動してないなぁ。ちょっとジョギングでもしてみよう」と、数日間ジョギングをしていた時期があったらしいのだが、医者に言わせればそれが逆効果だったらしいという哀しいエピソードもありつつ。

運動するなら、水泳が一番です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2001/10/23 [雑記]

なんだかんだで、やっぱり歯医者に行くことにしたのだった。

東寺近くの歯医者で、診察券がまた渋い。

dental.jpg
ほら、渋いでしょう。

なんとなく、昔懐かしいファミコンの「ポートピアれんぞくさつじんじけん」に出てくる「きょうと」のような絵がいい感じである。

医者の先生は、なんとなくヅラっぽい人であった。なんか最近こればっかりだが。で、私としては取れた銀歯を埋めてくれれば良いだけの話だったのだが、まぁついでに虫歯も色々見てもらおうということで、久しぶりに「2番×、はい、4番○・・・上に行って・・・C2・・・」とかなんとか言われる。挙げ句、もの凄く丁寧な言葉で「ちゃんと歯みがけや、こら」というようなことをおっしゃるのだった。流石にばれるのな。恥ずかしい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2001/10/22 [雑記]

ずっと来ている秋冬もののスーツが取り返しのつかないくらい激しく破れてしまっていたので新しく買い直すことにし、仕事の後、プラッツ近鉄にある「the SUPER SUITS STORE」という店へ行く。比較的いい感じのスーツが、19000円、もしくは28000円で買えるという、最近色んな所に出来ているチェーン店である。

しばらく物色し、結局グレー地にほっそりとピンクのチェックラインが入ったものにしてみる。ついでにネクタイを店の人に選んでもらったのだったが、いくつか出してきた中に一つ、真っ赤なラインの入ったバカっぽい靴下みたいのがあった。それは流石に会社にはつけてはいけない感じであったのだが、店員のお兄ちゃんは「このスーツを選ばれたんだったら、これくらい行っときましょう」と、かなりノリノリで無責任にお勧めする。一緒にいた相方さんも、半分おもしろがって「この靴下がいい」と言いだし、何故ネクタイを選んでいるのに「靴下靴下」とうるさいのかよくわからないが、結局そのアホのコドモみたいなネクタイを買うことにしたのだった。とはいえ、さすがにそれ1本だとせっかく買ったスーツを会社に着ていけない状態になってしまうので、一応まともなグレーのネクタイも買っておいたのだが。

というか、そんなことなら、もう最初から靴下をネクタイのように付ければ良いのではないだろうか。その方が経済的であるし。あと、サンマとかな。形としてはネクタイっぽいしな。季節だしな。お腹空いたら食べられるしな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。