So-net無料ブログ作成
検索選択

ブライダル日和 [雑記]

相方さんの友人で統計を採ってみると、男性の方が披露宴をやりたがるケースが多いのだそうである。一応断っておくが、これはブライダルの話である。

てっきりそういうものは女性の方が夢見がちなのかと思っていた私であるので、にわかには信じられないのだが、実際そうだと言われれば、そうなのかと答えるしかない私である。じゃあ「ウェディングドレスが着てみたい」とかいうのはどうなのかと思うのだが、それはそれで、最初はそんなに乗り気ではなくても、衣装合わせとかやってるうちにその気になってきたりするのだそうである。或いは「ほら、やっぱり今しか着れないから」というのも理由の一つだそうである。

例えばデパートの屋上でやっているウルトラマンショーで怪獣のぬいぐるみを着るにしても、衣装合わせをしているうちにその気になってくるだろうし、「今しか着れない」ことには変わりがないだろうと思う。そういう意味で言えば、私はどちらかといえば怪獣のぬいぐるみの方が着てみたいのだが、例えば新婦が怪獣のぬいぐるみを着た時点で、それが結婚式なのか何なのかさっぱりわからなくなってしまうという問題があり、じゃあ着ぐるみの上からウェディングドレスを着ればどうかとか、それは果たして誰の結婚式になるのかとか、親御さんの心境としてはどうなのかとか、考え出すと色々複雑なものがあると思う。そう考えると、ウェディングドレスというのは無難なのだろう。

話は少しずれるが、人が結婚した時に十中八九ついつい送ってしまう「結婚しましたハガキ」。あの恥ずかしさには毎回困っているのであるが、ある知り合いの「結婚しましたハガキ」には、ドレスアップした金髪の見知らぬ白人カップルが見つめ合う写真が採用されていて笑った。誰だよ、お前ら。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

弟日和 [雑記]

先々週くらいのサザエさんで、突然タラちゃんがサザエさんに「僕お兄ちゃんになりたいでしゅ」とか言い出した話があったのだが、サザエが「誰よ、そんなこと吹き込んだのは! カツオね!」とか言って頬を赤らめながらカツオの所に文句言いに行ったり、「イクラちゃんを弟と思って可愛がってね」みたいな展開になってた所までは見ていたのだが、最終的にどういう所で落ち着いたのかまで見ていなくて、結構気になっている。というか、何だろう、もう弟作る気はないってことなのだろうか。冷えきった夫婦生活である。

一般的には、例えばタラちゃんに弟ができたとして、一番気になるのはその名前ではないだろうか。正直、自分のコドモに「タラ」なんて名前を付けるそのセンスには共感できないが、さらに弟ができたとすれば、流れ上、その名前はやはり海にちなんだものにならざるを得ないだろうと思うが、そこを敢えて「拓哉」で押し切ってみたりするのも面白いのではないだろうか。で、カツオやタラちゃんに「なんでお前だけ拓哉なんだよ」とねたまれるとかいうのはどうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

右目日和 [雑記]

右目の腫れた部分から、微熱が発生し、頭を包み込んでいる。頭痛。風邪?

こういう時は凄くイライラするもので、普段は笑って見過ごしている「笑っていいとも」のどうでもよさとか、ドラマに出ている下手な役者とか、つまらないCMとか、そういった冷静に考えればどうでも良いようなことたちが、それはもうどうしようもなく腹立たしく思えてくるので困るのである。

仕事もなんだかちっともはかどらなかったので、ある程度の見切りを付けて定時で帰ってみる。すると、そういう時に限って、家に着いたら全然平気になっていたりするもので、帰ったら帰ったで元気。結局夜中2時まで、ずっとドラクエ7をやっていたのだった。そんなことしてるから頭痛が取れないのだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

切り傷日和 [雑記]

右目が腫れている。痒い。でも掻くときっとよくないのだろうと思うので、掻かないでおく。

問題は「なんだか殴られたみたいになっている」ことで、人に会った時に説明するのが面倒くさいのである。「どうしたの?」と聞かれた所で、何故そうなったかなんて分からないし、というか、そんなこと私が聞きたいくらいの話である。

昔、左目のまぶたの少し上辺りに切り傷を作ったことがあり、その時は実は「熱いお湯で顔を洗おうとしたら予想以上にお湯が熱くて、顔をもの凄いスピードで動かしたら蛇口で切ってしまった」というお間抜けな理由だったのだが、人に尋ねられた時には面倒なので「黒人と喧嘩しました」とうそぶいていたのだったが、今回もその線で行くことにする。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

育毛日和 [雑記]

突然、"ikumou@~"というメールアドレスから「この度は、育毛会員ご登録誠にありがとうございました」というメールが届いた。禿げてないのに、である。というか、"ikumou"ってことはないだろうに。私の学生時代の友人のアドレスが一時期"udon1ban@~"だったのもどうかと思うが、"ikumou"というのも如何なモノかと思う。

メールにはホームページのアドレスなんかも書かれていたのであるが、試しに覗いてみても、やはり見たこともないページなのだった。いわゆる迷惑メールの類だろうか。

それで思い出したが、学生の頃、アートネイチャーで電話相談のバイトをしているNという男がいた。「え? あれ、バイトなの!?」と最初は驚いたが、話を聞いていると、これがなかなか面白いのである。ある時電話をしてきたおっさんなんかは、所詮バイトである電話口の相談員の態度が余りにいい加減で、腹をたててしまったのだそうだ。

「お前なんちゅう名前や」

そういう時のためのマニュアルがあり、バイトは「山田です」と答えなければならないのだそうである。なるほど、そういうことまでマニュアルになってるのか。ということで「山田です」と答えると、相手は意外と大人しく電話を切ったそうである。

ところが、しばらくして、そのおっさんがまた掛けてきたのである。しかも、今度は違うバイトの人間が電話に出てしまった。

「お前なんちゅう名前や」 「山田です」 「ここには山田しかおらへんのかい!」

その後おっさんが怒鳴り散らして大変なことになったそうであるのだが、Nがその時咄嗟に言おうとしてやめておいたフレーズは、名言である。

「あんまり怒るとハゲますよ」

Nは相当の強者であると思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

みかん日和 [雑記]

みかんのおいしい季節である。我が家(実家)ではみかんを箱単位で買うので、それはもう食べ放題なのである。一日中家にいるなんて日には、一日数十個は食べる。もう、指先の色が変わって、病院で「みかんの食べ過ぎです」と診断されるほどに食べるのである。

みかんを食べる時、私は、白いのをきれいに取るタイプの人間である。小学生くらいの頃に、親が「白いのを食べると、うんこがどうにかなる」とか言っていたような気がして、肝心の「どうなる」という部分をすっかり忘れてしまっているのだが、白いのを比較的きれいに取るのは、明らかにそのせいである。うんこがどうなるのかが今となっては全く想像もつかないのが悔やまれる所である。なんだったんだろうか。「うんこが白くなる」とかだっただろうか。いや、それだったらきっと忘れやしないと思うのである。というか、私だったら絶対、本当に白くなるか試してるだろうと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ことえり日和 [雑記]

このページで日記を付けはじめてから、気が付けば1ヶ月が過ぎていた。こんなに日記を付けているのは、きっと小学校6年生の時に宿題で日記を付けていた時以来だ。で、その小学生の時の日記を高校だか大学だかの時に見つけて読み、あまりのくだらなさに爆笑してしまったのを思い出した。(注:2003年現在、「スリッパ搾り」にて「小学生日記」として掲載中)

一ヶ月、毎日日記を書いて気付いたのは、「ことえり」はバカすぎるということだった。

こうやって日記を日本語で書いたり、ひらがなを漢字に変換したりするのが「ことえり」の仕事で、Windowsで言えば「IME」に当たるのだが、この「ことえり」がとてもバカで困る。例えば、「下らない」という文章がある。「くだらない」だ。これを最初に変換すると「百済ない」と出る。念のために断っておくが、私はiMacを買ってからその先、一度も「百済」なんて単語を使ったことはないし、なんなら「百済」を「くだら」と読むことなんて忘れていたくらいである。なのに「百済ない」。なんだよ「百済」って。

かといって市販の日本語変換ソフトを買うのも、なんだか悔しいと思うし、「ことえり」は「ことえり」で、そのバカさ加減がたまに面白かったり、可愛かったりするので困るのである。思うに、ことえりのバカさ加減は、もしかしたら意図的なものなのではないだろうか。わざとちょっとバカっぽく設定しておいて、可愛がってもらおうという、グラビアアイドルみたいな魂胆なのではないだろうか。だとしたら、ちょっとただごとではないと思う。(注:2003年現在、すっかりATOKを使ってます。やっぱり全然賢い)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プクプクテカテカ日和 [雑記]

姉のコドモが来て、袴を着せてもらっていた。今日は七五三らしい。袴を着せてもらいながら照れくさそうに笑うその頬は、プクプクのテカテカなのだった。何かの本に「赤ちゃんを抱いてあやすのはもっぱら女の人で、男はというと、お腹をつついたり、高い高いをするだけだ」というような話が載っていた。確かに私がプクプクテカテカの頬をつつきたいと思ったのは事実だが、というか実際つついたのだが、あんな頬を見れば、誰でもつつきたいと思うに違いないと思う。それぐらい、コドモの頬は輝いていたのである。いっそ、徳永英明が「輝きながら」と唄っていたのは、この頬のことじゃないかと思う。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

降り過ごし日和 [雑記]

最終電車。いつものように大阪~京都まで新快速で30分。京都駅で乗り換えて待つこと数分。ウォークマンを聴きながら、雑誌を見ながら、うとうとと眠りについたのが午前0時。ふと気が付くと、電車はどこかの駅に止まっていた。人もいっぱい乗っていた。寝ぼけまなこで考えた私は、どういうわけかそこが京都駅だと考え、つまり新快速で京都駅に着いたと思ったわけで、とっさに電車を飛び下りた。と同時にドアがしまり、電車は出発。ぼーっとした私はしばらく呆然と、走り去る電車を眺め、そして、我に返り、降りる駅を間違えたことに気付いて愕然としたのだった。

高校の頃から今まで、さんざん電車で通学・通勤してきた電車歴9年の私が、「乗り過ごし」ならぬ「降り過ごし」。結局タクシーで法外な値段を払って帰宅。軽くへこむ。何だよ、「降り過ごし」って。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ビデオ予約日和 [雑記]

ここ数年の間に、テクノロジーとやらは凄い早さで進歩している。もう、日進月歩である。何しろ、携帯電話でインターネットができるのである。そのくせ、何故にビデオの録画予約だけは未だに失敗してしまうのだろう。まあ、100歩譲ろうが譲るまいが失敗したのは自分のせいだとして、それにしても進歩ないなあと思うのは「野球が延びたら、録画時間を勝手に変更しとけよ」という話である。私に言わせれば、開発をサボっているとしか思えないのである。

ここしばらくの流れとしては、ケーブルテレビなどでは、同じ番組を何度も時間帯を変えて放送する「リピート放送」なんてことをやったりして、視聴者が見たい時に見るという流れになってきている。それが顕著なのがラジオの世界で、いわゆる、インターネットラジオというヤツがまさしくこれである。もちろん一回目の放送時間はあるものの、その後ならいつでも、聞きたい時にダウンロードして聞けるというシステム。技術が進歩すれば、テレビもいつかこういうのが普通になるのかなあとか考えるが、そんなことよりも目先の録画予約の方が断然問題である。「Gコード予約」ってのも、今イチ便利そうには思えない。誰か、録画したい番組が確実に録画できるビデオを、早く開発してはくれないだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。