So-net無料ブログ作成

ぼくの望みはなんでも [マンガ]

20161215.jpg

もうかれこれ2~3年ほど、毎月コロコロコミックを買い続けている。もちろん(?)私はそんなに愛読者ではなくて、コドモ(主にサンナン)が妖怪ウォッチやベイブレードの情報を得たり、かなりどうでも良いおバカマンガの数々を読んで笑ったりしている。中二のチョウナンもチョコチョコ読んで笑っているが、中身は相当なくだらなさである。

コロコロは私も昔(たぶん小中学生ぐらいの頃だと思う)、一時期買っていた時があって、当時はミニ四駆が全盛だった気がするが、そういうのはあんまり興味がなく(作ったけど)、どちらかと言うとマンガを読んでいたのだと思う(ファミコンロッキーとか)。確かその当時に、映画版ドラえもんの原作が何本か入った1000ページある特別号みたいなのが発売され、喜んで買って読んでいたのを覚えている。1000ページなので相当分厚く、枕にして寝るには少し高かったことを、なぜか覚えている。きっと何度も読んだと思うが、その割には、あまり、というかほぼ全く内容を覚えていない。確か同時期に、藤子不二雄先生(まだお二人の頃)のいろんな作品が載った、同じく1000ページの特別号も発売され、それも買った。「魔太郎がくる」や「まんが道」はそれで初めて読んだのだったと思う。さすがにもう捨てただろうか。実家に残ってないかなー。書いていたら読みたくなってきた。

それで、今も変わらずコロコロにドラえもんは掲載されていて(たぶん昔のを少しリニューアルしているのだと思う)、久しぶりに見てみたら、スネ夫が相変わらずスネ夫だったので笑ったのだった、という冒頭の写真。良いなあスネ夫は、家庭がゆたかで。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。