So-net無料ブログ作成
検索選択

ずっと待ってたと言う割には [雑記]

20161213.jpg

人喰いの大鷲トリコ」というゲームをやり始めた。というか、このゲームをやるために、せめて始める前に溜まってるブログを更新しようと必死になって更新したのだった。

何年か前に「リンカーン」だったかでみんなが「好きなゲーム」を発表しあうという企画の時に、ダウンタウンの松本人志が「ワンダと巨像」という、10数体の暴れ狂う巨像にひたすらしがみついて、それぞれの巨像に隠された急所を探し出し、剣を突き立てて倒すというゲームを挙げていて、これは知る人ぞ知る超有名な作品(受賞歴多数)であるにも関わらず全然みんなピンと来てなかった、ということがあったが、その「ワンダと巨像」を作った上田文人さんが7年掛けて作ったという最新作が「人喰いの大鷺トリコ」。ちなみに私はその前に上田さんが作った「ICO」という作品が好きだった。不思議な少女と手を繋ぎながら、闇へ引きずり込もうと現れる影を退治しながら、廃墟と化した城から脱出するというゲーム。世界感が美しく、最後は、なんだか泣きそうにながら棒きれを振り続けた(戦う手段がそれしかない)。そんな上田さんの最新作。発売が決まってから相当待ち、数ヶ月前に amazon で予約開始となった瞬間、脊髄反射で予約。ようやく届いたのが冒頭の写真。はやる気持ちを抑えてブログを更新する。

ようやく電源を入れてゲームを始めたが、セーブポイントがわからないし死んじゃった後になかなか復活しない(どちらも後で解決)し、ちょっとドキドキしながら、ようやく、最近は大鷲と散歩するのが楽しくなってきた。トリコかわいい。

でも、好きでずっと待ってたと言う割には実はずっと「大鷺(おおさぎ)」だと思ってた。改めて確認したら「大鷲(おおわし)」だった。わーすっごい恥ずかしい。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。